佐伯市スグレモノ情報館 saikibrand.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

こちらのブログは佐伯市ブランド流通促進協議会(TEL:0972-22-4673)が発信しています。face book(http://www.facebook.com/saikishibrand)&Twitter(http://twitter.com/saikishibrand)もチェックしてくださいね♪


by さいき殿伝
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

番匠川の清流の恵み、「ぶんご銘醸」


d0168569_1332591.jpg
 

番匠川の支川、赤木川の源流域に、佐伯産の原材料にこだわった酒蔵「ぶんご銘醸」を訪ねると、柔和な社長・狩生幸一氏、相談役・狩生季未子氏、蔵人代表・狩生孝之、「亀の甲」甘酒工場長・柳井強氏が出迎えてくれました。

 同社では各種の焼酎・清酒の外、 “ほんもの”の甘酒を製造しています。

なんといっても「ぶんご太郎」(麦焼酎)


d0168569_13335883.jpg

ぶんご銘醸を代表する焼酎が「ぶんご太郎」。飲めばわかる。

<ぶんご銘醸HPには載っていないけど・・・>

なんといっても「むぎゅっ」(麦焼酎)

d0168569_13351647.jpg


ぶんご銘醸の昔の名は「狩生酒造」、H13に「ぶんご銘醸」に改名、H14本匠から直川に新工場を移転。そのとき新天地・直川の地麦と水を使って作られたのが「むぎゅっ」、変な名前だ。名前は変だが覚えやすい、なんといっても旨い。

イチオシは「杜谷」

d0168569_1341338.jpg


 某月某日某所にて、男組5人が佐伯の魚で、焼酎を飲む。はじめに「杜谷=もりや(白)」。悪いことに、直川出身者が1人いた。直川流のオンザロックは、グラスに氷を入れて、口いっぱいに焼酎をつぐ。日中の熱さをほぐすために、次々とグラスが空になる。2番手は「杜谷(華)」、とうとう3番手の「杜谷(黒)」までが空になっていく。肴がいいのか、焼酎が旨すぎるからか、たぶん正体はただのヨッパライだったり・・・。
※よくはわからんが、撫子花酵母なるものが使われているらしい。

やっぱり「唐変木」(米焼酎))

d0168569_13413745.jpg
※写真は唐変木(麦焼酎)

 佐伯市青山の男たちが、俺たちの作った米で焼酎を造ってくれ、と言ってきたのが事の始まり。超レアー商品で、一般に手に入れることは難しい。(麦で作った唐変木もあります。)

お問い合わせは、ぶんご銘醸まで http://www.bungomeijyo.co.jp/index.html

<「あまざけ」が一番!>

d0168569_13421081.jpg


 ぶんご銘醸の関連会社である「亀の甲」では、大分県佐伯市の、ホタルの舞う清流で大切に育てられた地元米を原料に、砂糖・添加物を一切使わない、米・米麹のみを使用した、昔ながら手作りの製法で甘酒を製造しています。

d0168569_13461386.jpg


☆あま「酒」だけど、ノンアルコール>


・誰でも安心して飲める健康によい、ノンアルコールの飲み物です。

☆健康に最適!!

・麹で作った甘酒にはブドウ糖が20%以上含まれ、人間が生きていくために不可欠なビタミン類や必須アミノ酸が豊富に含まれています。
・飲む点滴、ジャパニーズヨーグルト、お米のヨーグルト等の別の呼ばれかたもあります。

☆甘酒は夏の季語


  ・味噌つくる 余り麹や 一夜酒  (正岡子規)

  ・甘酒も 飴湯も同じ 樹陰かな  (正岡子規)

お問い合わせは、亀の甲まで http://www.koujinoamazake.com/pc/

                          (write by  31.AUG.2010 田嶋隆虎)
[PR]
by saiki-brand | 2010-08-31 14:00 | 旬の情報 | Comments(0)