佐伯市スグレモノ情報館 saikibrand.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

こちらのブログは佐伯市ブランド流通促進協議会(TEL:0972-22-4673)が発信しています。face book(http://www.facebook.com/saikishibrand)&Twitter(http://twitter.com/saikishibrand)もチェックしてくださいね♪


by さいき殿伝
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2012年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧



この度、佐伯市ブランド流通促進協議会では、
ブランド認証制度の取り組みを始めることになりました!

『さいきブランド』を象徴するロゴマーク等を作成しました。
それらがどのようにしてでき上がったのか、少しご説明させていただきます。

まず、
★ブランドネーム「さいき殿伝(でんでん)
豊後佐伯藩のお殿様自らが、佐伯特産品を自信を持って伝えていくというイメージをもとに命名しました。
※「さいき殿伝」は商標登録出願中です。

そして、
★ロゴマーク
d0168569_1255676.jpg


続いて、
★キャッチフレーズ 
  「佐伯の殿様浦でもつ
        「浦の恵みは山でもつ
              「伝えたい山海の喜び

古き時代から、豊かな海産物の水揚げを誇る佐伯市。
この恵はの豊かさがあってこそ。
この豊かな自然の恩恵を「び」と表し、
これからも守り伝えていきたいという思いが込められています。


そしてそして、

★キャラクター

豊後佐伯藩の藩主をモデルにキャラクター化したものです056.gif
d0168569_1143450.jpg


優れた特産品を「さいき殿伝」として、地元はもとより、県内外へ、果ては海外へ017.gif
佐伯の名を国内・世界へ発信せんといけんわー!(゚∀゚)/

・・・と殿が申しております053.gif

 

d0168569_12161570.jpg

[PR]
by saiki-brand | 2012-04-26 11:29 | Comments(0)

昨年度から、佐伯ブランド流通促進協議会が取り組んでいます・・・

★★★全国に広めよう!さいき産品★★★
『佐伯地縁者応援団プロジェクト』

このプロジェクトは、県外在住の佐伯出身者の皆さんに、郷土料理や特産品の試食、試飲、販売及び広報宣伝をとおして、佐伯産品の「ファン」になってもらい、「応援団員」として知人や友人に佐伯産品を紹介していただき、佐伯産品の販路及び消費拡大を図ることを目的に、佐伯ブランド流通促進協議会が取り組んでいます。

昨年度の様子から・・・

関西佐伯会・・・会場の様子
d0168569_11152511.jpg

大好評だった、さいきの干物や・・・
d0168569_11155690.jpg

すりみ・・・
d0168569_11183474.jpg


  例年盛大に開催されている、佐伯市出身者で各地域に在住の方が行っている郷土会・・・
  昨年度は、関西佐伯会が平成23年6月5日、そして関東佐伯会は平成23年6月11日に開催されています。
 ・・・これらの郷土会が行われた際、当協議会のメンバーが各会場に赴き、多数の佐伯産品を持ち込み、佐伯市の郷土料理である「ごまだしうどん」や「すりみ」に「いちご」や「甘酒」・・・今は大ブームを巻き起こしている「塩糀」と新鮮な野菜持ち込み試食していただきました。身近で観る「ごまだしうどん」の実演では多くの参加者がおかわりをしていました。また、佐伯市のお米で作られた甘酒なども大変人気がありました。
 また、キクやトルコギキョウなどは、大分県の地元の新聞紙で包み持って帰って頂く際にも、「懐かしい」と、とても喜んでいただきました。

 そして、その会場で、早速何名もの方に、「佐伯応援団」に登録していただきました。

応援団になっていただいた方には、佐伯市の情報や佐伯産品の情報、佐伯産品応援グッズなどをお届けしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 さて、今年度は更なる強力な応援団員を募集したいと考えています!

 今や世界に莫大な会員をもつ「フェイスブック」というツールを活用して、「佐伯応援団」の充実を図ろうと意気込んでいますヾ(^▽^)ノ

 佐伯出身者で、福岡・関西・関東方面に在住の方対象で、なおかつフェイスブックを通じて集め今までの応援団よりも幅広い世代の方に団員になっていただきたいと思っています。

 まず・・・5月17日(木)開催!福岡佐伯FB(フェイスブック)会を皮切りに、5月27日(日)は関東佐伯会(東京都内)開催前日の5月26日(土)に「関東佐伯FB会(東京都内)」を開催予定!翌週の6月3日(日)の関西佐伯会(尼崎市内)で開催される前日の6月2日(土)に関西佐伯FB会(大阪市内)を開催予定です!

 フェイスブックを通じて集まった「さいきをこよなく愛するメンバーが集い、懐かしい佐伯産品、郷土料理を試食試飲して佐伯話に花を咲かせます!
 フェイスブックをしている方を通じての多くの佐伯出身者の皆さんに、佐伯産品の応援団員になっていただき、今後広く活動していただきたいと夢は広がります(-^□^-)

これらのイベントや取組に対してのお問い合わせは、
「佐伯市ブランド流通促進協議会」
(佐伯市役所 農林水産部 さいきブランド流通課内)
(0972-22-4673)

までお願い致します!!

d0168569_16562658.jpg

[PR]
by saiki-brand | 2012-04-24 10:29 | イベント・キャンペーン情報 | Comments(0)

(○・∀-)ノ゜・*:.。.☆コンニチワ☆♪
さいきブランド娘4号こと清松です016.gif


今回の取材先は佐伯市弥生床木
JAおおいた 県南柑橘ハウスみかん部会 岩崎正教(イワサキ マサノリ)さんの、みかん農場にお邪魔してきましたよ~☆
この超早期型のハウスみかんは、コンクールでは☆2年連続銀賞受賞☆され
さいきブランド化が着々と進んできています。
今回は、その日本一出荷がはやいハウスみかんの魅力をたっぷりとご紹介いたします
d0168569_10422348.jpg
こちらは、津久見市の生産者とも合同で出荷されています。
年間生産量はなんと77トン゚+。( ゚∀゚ )スゴイ!!

=産地の特徴056.gif
いち早く出荷させるためには5月に咲く花を、11月に咲かせる必要があり、これにはとても高い技術を要します。この高いテクニックは、生産者の方々が関係者と協力し日々技術向上のためにご尽力された賜なのです!岩崎さんのお話を聴く中で、施設整備等のハード面ではなく、生産者の皆さんの技術の高さで、日本一出荷が早いハウスみかんを作っていることが分かり、スグレタ生産者の皆さんをますます応援したくなりました(≧д≦)
このように、高い技術を駆使して丹精込めて作り上げたハウスみかん。
ハウスみかんができあがった時の喜びを、岩崎さんは『良い花がついて、収穫にこぎつけた時、苦労した甲斐がありました・・・』と、笑顔いっぱいでお話ししていただきました。
大変なご苦労をかけて育てたみかんは愛情たっぷり053.gifです☆昨年の秋に雨が多く、9月前半の気温が高かったため、花がつきにくく花の咲く時期がばらつき気味でした。そのため、加温時期を遅くしたハウスもあります。
温度管理や水管理によって品質を向上させ、本年も日本で一番早く出荷をすることが出来ます。
4月~5月末まで、ハウスみかんの収穫は続きます★058.gif

ケーブルテレビの“ぎゅぎゅっとさいきの旬”でも
ハウスみかんの収穫体験で現在絶賛放映中です056.gif060.gif

ケーブルテレビの取材に応じるため、後藤アナウンサーがピンマイクを付けて
いる最中にパシャリ☆ちょっと嬉しそうな岩崎さん♪(●´ω`●)ゞ
d0168569_10554083.jpg

さいきほっとタイム(市政だより)「特集:ぎゅぎゅっとさいきの旬 」
 放送時間:月~金曜日 6:30から2時間おきに放送
        土・日曜日 8:30~・12:30~・16:30~・20:30


ご覧ください!!この美しさ058.gif*☆*ヾ(。◕ω◕。)ノ*☆*オォォ
d0168569_10565121.jpg
こんなに艶やか~!!!そして鮮やか~!!!
みかん自体は手のひらに乗るくらい(個人的にこのサイズの蜜柑大好きデス(ノω`))

皮がとても薄くて剥きやすく、身はキラッキラのダイヤモンドの様な輝き072.gif
めちゃうま072.gifです。

なんと糖度12~13度ほどの甘さがあります!!

どの位甘いのか分からないという方のために。。もっとわかりやすく!!

メロンや梨と匹敵するくらいの甘さなのです☆
そして酸味もスッキリしています☆
なぜかというと・・・
出荷される際に、機械で糖度を計測して、基準をクリアしたものだけが店頭に並べられていますので072.gifどれも甘さは均一で間違いはありません!!

ほらっ016.gif食べたくなったでしょ011.gif

お求めの際は[県産柑橘]を目印で、おもに道の駅やスーパー
などで、売りだしてますのでぜひ皆さん!!
売り切れる前にダーッシュ!!ε=ε=ε=(ノ≧∀)ノ

そして今回の取材をずっと近くで温かく支えてくださった奥様☆
d0168569_1243125.jpg

顔も名前も出さなくていいと謙遜されていましたが゚+.(*ノェノ)゚+
生産者が美味しいというみかんを採ってきて食べさせてくれたり、一生懸命にお手伝いしてくれたとってもスグレたお方です☆
スグレたものを作るにはスグレた人が必要人も環境も揃ってあるからこそ、このような甘くて美味しいみかんが生まれるのですね☆
そういった素晴らしい人が居るってことをどうしてもお伝えしたかったのです056.gif

今回、取材ご協力してくれたJAおおいた 県南柑橘ハウスみかん部会の岩崎さん、そして奥様、
本当にありがとうございました!(´∀`*)
これからも、佐伯産品スグレモノが全国に広まりますように。。。

★お問合せ先はこちら★
大分県農業協同組合 県南柑橘選果場
TEL:0972-82-1717



(written by 清松葵 23.Apr.2012)
[PR]
by saiki-brand | 2012-04-23 09:17 | 旬の情報 | Comments(0)

過ごしやすい季節になりましたね。
佐伯市の子どもたちも新学期が始まり、学校や放課後活動の児童クラブや社会体育などで頑張っていることと思います!
さてさて、今回は、佐伯市弥生の「やよい児童館」にて「食探検隊」の活動で、
ごまだしうどん作り体験のレポートが届きましたので、ご報告いたしますね006.gif

大分県佐伯市弥生では、小学生を対象に数年前から始められた
食探検隊
味噌工場に見学に行って味噌を作ったり大豆を育てたり、
に関する体験をしています。
昨年度はゴマを植えて収穫まで、今回は自分たちで育てたゴマを使って
「ごまだしうどん」を作ろう
という、とっても素敵な食育活動の取組です056.gif

d0168569_15242467.jpg
魚は食探検隊
のメンバーの中に家業が魚屋さんのお子様がいらっしゃったみたいで、
お父様にお願いしてエソを1箱用意していただいたとか016.gif
「佐伯ではすりみかまぼこごまだしに使うためエソが人気で手に入りにくいのだと聴きます(・´з`・)←地産地消も進み、なおかつ佐伯名物ごまだしの普及でエソの価値が上がっているんですね・・053.gif


今回はうどんも手打ち★
班ごとに分かれてボールに小麦粉と塩水を加えて混て、こねこね…
な・・なんと!それから足踏みが始まりました( ゚д゚ )
d0168569_15363684.jpg

d0168569_15381820.jpgたっぷり収穫できたゴマを鉢でしっかり摩る071.gif
見た目以上にすごく大変そう~008.gif
子どもたちはというと、初めての
経験に楽しくてしょうがないという感じでした(^_^)   




焼いたエソの身から骨を丁寧にとりのぞく作業☆
d0168569_1745427.jpg
d0168569_176236.jpg
すり鉢にすりゴマとしょうゆ、みりん、骨をとったエソを加えてよくまぜます。かなり大量にできたのですり混ぜるのも一苦労のようでした(;´∀`)


うどんの生地を丁寧に切って、ゆでる作業011.gif
d0168569_9123463.jpg

うどんがゆであがったら、ごまだし、かまぼこ、きざみねぎを
トッピングして完成
070.gif(かまぼこもエソで手作り!)
d0168569_1547229.jpg

d0168569_15483647.jpg
美味しそう038.gif
d0168569_15485016.jpg

佐伯の名物ですが家でいちから作る機会はあまりない、
「ごまだしうどん」
子供たちにとっても貴重な体験になった事でしょう056.gif
私たちも、もっともっと佐伯の伝統や、スグレモノ・特産品を知り、
見て・触れて佐伯のイイところを届けていけたらなと思います(*^_^*)


・・・・佐伯市では食のまちづくりを進めています・・・・

(written by ブランド娘5号&友情リポーター矢部加奈さん 23.Apr.2012)
[PR]
by saiki-brand | 2012-04-20 13:53 | 旬の情報 | Comments(2)

こんにちは!ブランド娘4号こと清松&5号こと三浦です!010.gif
今回お邪魔させていただいたのは佐伯市蒲江にある大分県マリンカルチャーセンターの海側の芝生広場内にあるレストラン「マリンスノー」です!!
d0168569_14263611.jpg

レストラン「マリンスノー」は、4月20日より新しくリニューアルオープンするということで提供する料理はなんと!!イタリア料理☆
その中にも、佐伯産品が使われているとのことで取材にいってきました♪

こちらが佐伯・屋形島産のヒオウギ貝を使った・・・
ヒオウギ貝のドリア!
綺麗な貝殻に乗せてお洒落です!味もとってもクリーミーで美味しい♪
d0168569_15581494.jpg

ヒオウギ貝の殻の色はさまざまで、赤、橙、黄、紫などなど
今回の料理に使われているのは
大分県佐伯市蒲江沖にある屋形島で
養殖したものを使用しているのだとお話していただきました^^


これぞ地産地消!!
綺麗な海で育った貝は、身がしっかりしていて肉厚001.gif
歯ごたえがあり、とても甘いんです!!
ちなみにヒオウギ貝は醤油で焼いてもかなりウマイですよ!笑。
私たちも、地元の生産者の方々に貢献していきたいものです016.gif


ぜひ佐伯産のヒオウギ貝、ご賞味ください053.gif

そして・・・
次は佐伯産のイチゴをまるっと使用しているシェフ自慢のデザート☆ミルフィーユ☆
時間がなくて、食べ損ねるところでしたが。。。

私たちブランド娘4号&5号は抜け目なく・・・ちゃっかりきっかり
いただきました(笑)


それが、、こちら~012.gif072.gif
d0168569_145873.jpg

さすがはシェフ☆甘くてとろけるぅ~053.gif
こだわり抜いたシェフのアイディアが満載056.gif
大分県佐伯市で獲れた、甘酸っぱくて香り高いイチゴに合うようにカスタードクリームやパイ生地まで試行錯誤しながら作り上げられた一品だそう056.gif

あの味は忘れられません。。。012.gif
佐伯産のイチゴ・・・・絶品です!!

4月20日(金)~レストラン「マリンスにノー」リニューアルオープン☆
ぜひとも、佐伯産品が使われたイタリア料理をご堪能くださいね☆


21日(土大分合同新聞朝刊に私たち“さいきブランド娘”4号&5号が掲載されていましたコチラデス♪
カラーでおっきく載ってたのでビックリしました~ヽ(^。^)ノ大口あけてお恥ずかし。。(笑)
頑張ってPRしてるので許してください(笑)


(written by ブランド娘4号&5号19.Apr.2012)
[PR]
by saiki-brand | 2012-04-19 08:48 | 研修会・視察(報告) | Comments(0)

4月15日(日)、佐伯市中村東町の寿し好にて、
 『<“財”>野菜を食す会』 が開催されました。佐伯市の農業者を代表する会員が作った農林産物を、佐伯の職人が調理したお料理のコースを楽しもうという会034.gif
 こちらの企画は、※佐伯市素食塾“財”(会長:山田定男)※が行い、盛大に開催されました。
  
・・・・・・・・・・・・・・・・※佐伯素材塾“財”とは※・・・・・・・・・・・・・・・・・

 佐伯市内の農家有志やレストラン・民宿経営者などが会員となり、さまざまな活動を通じて、すぐれた農産物を広くPRしようと結成された団体です。
 自主活動の人気企画「野菜レストラン」や今回のような「野菜を食す会」、そして食材試食会や料理研究なども行い、先日のさいき春まつりでは、新鮮な農産物を販売しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
d0168569_1125551.jpg

“財“の素敵な立て看板

d0168569_1334254.jpg

“財”メンバー集結!!

d0168569_14304979.jpg

たくさんのお客様・・・財メンバーが登場すると、フラッシュがたかれてます!


一番皆さんが知りたいお料理の数々をご紹介しましょう011.gif

まず、小鉢・・・
ニラ小鉢三種盛り
d0168569_1132125.jpg

ニラづくしの「ニラまんじゅう」「ニラ豆腐」「和風ニラ玉」(ニラ・ホワイトアスパラガス:山田農園)
そして、8時間煮込んだという柔らか~い豚(豚肉:山下養豚場)の角煮。

次に、前菜とスープ・・・
温野菜の盛り合わせとキューリの冷製スープ
d0168569_14341123.jpg

温野菜に使われている食材は、「たけのこ・きゅうり・トマト・キャベツ・ホワイトアスパラです。
スープは、キューリが主役なんです!珍しいですよね~
(野菜は、岩本農園・デバン・川野農園・山田農園)

そして、蓋物と替鉢・・・
筍饅頭の茶碗蒸し
甘ねぎのマリネ
d0168569_17224222.jpg

茶碗蒸しの中には・・・、お手製の筍まんじゅうが入っています♪
甘ねぎのマリネに使われているトマトは森岡農園さんのミニトマトで、小さいながらも強い甘みが伝わってきます♪
甘ねぎも「甘」・・・と言うだけあります!山田農園の甘ねぎはソテーしてあるので、より甘みを感じることができます。

そして、蒸し物・・・
季節の野菜盛り紙蒸し
d0168569_1151382.jpg

こちらは、グリーンアスパラガス・猪肉・キャベツ・生しいたけの因尾茶仕立て。
佐伯農産物ずくしのメニューです。包み紙を開けると、ふわーっと生しいたけのイイかおり♪
食材の猪肉は蒲江の井川有さんが獲ったもの!キャベツは川野農園、生しいたけ&因尾茶は本匠の小野さん!

焼物として・・・
豚肉のパン粉焼き
トマトの変わり揚げ

をワンプレートに・・・
d0168569_11515642.jpg

(左)山下養豚場のウデ肉をパン粉焼きに。
(右)トマトの変わり揚げは、シシリアンルージュ(川野農園)という加熱用のトマトを使っています。お肉に巻かれたこのシシリアンルージュはフリッターになっており加熱しているので、トロっとしていて、ジューシーで、ものすご~く甘いです!!
2種類のお料理の間にちょこんとあるグリーンのお野菜は「アイスプラント」(岩本農園)!(緑色の塩味のする食感の良い野菜)

続いて、飯物・・・
旬野菜握り 三種
d0168569_115773.jpg

寿司のネタは・・・
・ホワイトアスパラガス
・きゅうりの辛子漬け
・土佐煮の三つ葉巻
握りが出る前に、お客様はみな「もうお腹いっぱい」と言ってたのですが・・・
この旬野菜の握りは、皆さんペロリと食べあげていました

そして・・・デザート
デコポンぷりん
d0168569_1732864.jpg

ぷりんの中から、次から次へとデコポンが出てくる贅沢なスゥイーツでした♪
大人気でした。作り方を熱心に聴かれる参加者も多くいましたよ!

ここで、粋な財のこだわり・・・

お茶は、財メンバー「本匠 小野農園」の釜炒り茶(抹茶入り)です。
d0168569_13511735.jpg

釜炒り茶独特の味わい深い香りにグリーン色が綺麗・・・
どこまでもこだわっています。

これらの素晴らしいお料理を作ってくれたのは
寿(欧風料理)シェフ 柴田和弘さん
寿し好(寿司・会席) 職人 清家義也さん

のお二人です。佐伯市の農産物のスグレモノスグレ者のお二人が調理してくださり、素晴らしい会となりました。

動画でもご覧いただけます!
佐伯市ブランド流通促進協議会オリジナル動画です003.gif
再生⊿をポチッとしてください034.gif

食材の提供そして、お料理を出してくれた“財”の会員の皆さん、本当にお疲れ様でした!!

この「野菜を食す会」は今や口コミで広がり
次はいつ開催されるの?」といったお問い合わせが続々届いています。

なんと梅林庵さんのブログでも話題になっているではありませんか~038.gif072.gif
ぜひみてくださいね☆

また、こちらのブログからも、紹介していきますので!
(written by 田中志保&清松 葵 19.Apr.2012)



[PR]
by saiki-brand | 2012-04-17 14:17 | 研修会・視察(報告) | Comments(0)

こんにちは!
さいきブランド推進員の三浦です056.gif

先日、大分県佐伯市内のとあるお店で・・・
私ブランド娘5号と、4号清松の歓迎会をしていただきました016.gif

そこで、乾杯の際にお店の方に
「地酒はありますか?」と尋ねたところ・・・ありましたよ!
鶴城純米酒
d0168569_15132810.jpg
ピ・・ピンボケですみませんm(__)m
ぶんご銘醸】さんが手がけた、これぞ佐伯冷酒
さらっと飲みやすく、後味もスッキリしていて、特に女性におススメです010.gif
d0168569_15463444.jpg
オシャレなグラスでいただくお酒はまた一段と美味しい053.gif
d0168569_1624499.jpg
佐伯で獲れた新鮮な海の幸と共にいただきました037.gif

是非、皆様も佐伯での楽しい会合の際には、「佐伯市のうまいもの」に加えて、
「佐伯市の地酒や地焼酎」をご堪能くださいね053.gif
わからない事がございましたら、いつでも
「佐伯ブランド流通促進協議会」にお問い合わせくださいませ。


佐伯ブランド流通促進協議会
0972-22-4673
担当:三浦
[PR]
by saiki-brand | 2012-04-16 16:29 | Comments(0)

珍しい☆かりかり桃☆


こんにちわ001.gif
さいきブランド推進員の三浦です

今日は大分県佐伯市宇目町の「かりかりよさこい桃」をご紹介したいと思います。
d0168569_15551382.jpgリンゴのような固めの果肉が特徴で、全国でも珍しい桃です
糖度が高く甘くて美味しい053.gif
果肉が崩れにくいので、料理などにも幅広く活用できる為、バラエティに富んだ「かりかり桃」
最高です012.gif
杜のTshopさんではこの桃を使って
「かりかり桃のコンポート」や「ジャム」などを製造されております。
d0168569_16114184.jpg

杜のTshopさん、地窯で焼くパンも売ってあるんです016.gifd0168569_16483444.jpg
もっちもちのパンに果肉感たっぷりのジャムやコンポートをつけて食べると も~最高!!あ~~よだれが・・・・
失礼しました037.gif
 

 



杜のTshop
TEL 0972-54-3181



桃の他にも、自社栽培している大きい実が特徴のブルーベリー 
d0168569_16313619.jpg
糖度が高く甘い大粒の栗を使った「ジャム」と「コンポート」
これも、珍しいと評判です056.gif
d0168569_16321474.jpg



杜のTshopはコチラ
[PR]
by saiki-brand | 2012-04-13 16:57 | Comments(0)

こんにちは001.gif
さいきブランド推進員の三浦です056.gif

4月6日~15日、福岡博多座にて、大分県佐伯市の生産者関係者らが結束し、佐伯産品展示ブースを設けて展示販売を行っています。

前回、その博多座の展示ブースにて実演販売を行っている愛の里工房さんの『雪ん子寿し』をご紹介いたしましたが、
その他にも博多座で期間限定で出店している7団体をご紹介させていただきます。

最近、知名度が上昇中の「佐伯ごまだしうどん」
d0168569_9145755.jpg
【いそ由】さん 0972-24-1027

  
(瓶入りの商品としまして)
・ごまだし(アジ)
・ごまだし(えそ)
・アジごま茶漬け
・魚醤


続きまして
自然の食材を生かした「焼きかりんとう」
それに、佐伯市ブランド流通促進事業費補助金を活用して
開発した新商品「ゆずジャムセット」も!
大分ではポピュラーな椎茸の佃煮「なばっこ」
これまた美味しいんです053.gif
d0168569_15591566.jpg
【女性林研なおかわ】さん 0972-58-2464



ビールにも、焼酎にも、ワインにも、日本茶にも合う
「椎茸のオイル漬け」
d0168569_15594594.jpg
【四季菜工房】さん
コチラのブログをご参照ください。クリック→ 四季菜のーと


佐伯のお米を使って作られた「酒蔵のあまざけ」豊かな香りは酒蔵ならでは
d0168569_1604880.jpg
【ぶんご銘醸】さん 0972-58-5855


「雪ん子寿し」以外にも女性に人気のある「干し芋」・「にんにくパワーみそ」
d0168569_1615471.png
【愛の里工房】さん 0972-56-5417


佐伯の海で獲れた新鮮な「ちりめん(しらす)」や「くろめ」などの
干物を海産物豪華ギフトセットとして、今回特別に博多座限定セットを用意しての出店
ネット販売もしてますよ058.gif
d0168569_163146.jpg
【やまろ渡邉】さん 0972-36-7165


全部で20を超えるアイテム012.gif
佐伯のスグレモノをたくさん取り揃えて、
お待ちしております053.gif053.gif
[PR]
by saiki-brand | 2012-04-12 16:34 | 旬の情報 | Comments(0)

まずは、4月11日(水)大分合同新聞(朝刊)の記事をご覧ください029.gif
d0168569_10252585.jpg

こちら大分合同新聞の県南豊肥地域欄には、佐伯市が「地産地消学校給食メニュー」で九州農政局長賞を受賞した記事が掲載されています。

平成23年度、農林水産省主催で行われた地産地消給食等メニューコンテストにおいて、地域で生産される農林水産物を使った「学校給食部門」で、佐伯市が九州農政局長賞を受賞いたしました。
※九州農政局のHPはコチラをクリック!

佐伯市では、全国で2番目に制定した「食のまちづくり条例(平成21年)」に基づき、毎月1回19日を食育の日に「さいき活き活き献立の日」として、佐伯市のスグレモノ産品を使った料理を学校給食として提供していますが、その給食の数は、なんと7000食にも及びます。
また、学校給食に関しては、子どもたちに食への感心を深めてもらうことを目的に、「さいき活き活き献立の日」と題したポスターやチラシを学校給食に関わる教職員らが作成し、生産者の思いや産地・コダワリ・栄養・豆知識などを掲載し、学校やクラスに配布して学校給食の指導にあたっています。

※今月の「さいき活き活き献立の日」の佐伯産品は「ツワブキ」が登場します。

その受賞伝達式のもようをご紹介します。
表彰状の伝達式は、3月26日(月)、佐伯市役所市長室にて行われました。

こちらの伝達式には、西嶋市長をはじめ、九州農政局大分地域センター長の横尾氏、佐伯小学校 冨尾校長、佐伯小学校 山本栄養教諭、佐伯市農林水産部から坪根部長、さいきブランド流通課、水産課、農政課(現農林課)、林業課(現農林課)、また企画課や教育委員会学校給食室の職員らが参加しました。

まず、大分地域センター長が西嶋市長へ表彰状を手渡しました。
西嶋市長から佐伯市の食の取組について説明がなされ、次に冨尾校長から、佐伯小学校が取り組む学校給食について、また、自校のHPに毎日の給食写真を掲載していることなどのお話や山本栄養教諭からは、地産地消に積極的に取り組む工夫や給食の地産地消率などについて説明がありました。

さて、今回の受賞に至ったのには、佐伯市全体での取組もさることながら、今回の学校給食のメニューのモデルとなったのが、本ブログでもよく登場します、佐伯小学校の学校給食のメニューのすばらしさが挙げられます。。

今回受賞した「モデル給食メニュー」は、
佐伯小学校の給食メニューなんです!!まずは、コンテスト応募の給食メニュー写真をどうぞ!
d0168569_1330130.jpg


献立は・・・
★イカ大根(佐伯産:コウイカ・大根使用)
★季節のかき揚げ(佐伯産:生しいたけ・玉葱・人参・人参の葉使用)
★大根葉のふりかけ(佐伯産:大根の葉使用)
★ごはん(佐伯産:佐伯特別栽培米使用)
★牛乳(大分県産使用)

このメニューの地産地消の特徴は・・・
☆旬を感じてもらうために、イカ大根の煮付けでは、冬野菜の大根と佐伯市で水揚げされたコウイカを煮ています。
☆生産者から食材を受け取る際には、栄養素がたくさん含まれている人参の葉や大根の葉などは取り除かずにいただき、全て使い切るようにしています。季節のかき揚げは月1回必ず実施し、佐伯市の旬の野菜をふんだんに使っています。
☆ご飯のお米は、一般的な栽培米に比べて農薬化学肥料等の使用割合を50%以下で栽培している「佐伯特別栽培米」を使用しています。

山本栄養教諭がおっしゃるには、「佐伯市自慢の産物を食材として使用し、季節を感じながら学校給食を作っています。」とのこと。
また山本栄養教諭は、給食時間に各教室を訪問し、食に関する指導や「生産者の皆さんや、美味しい給食を愛情込めて一生懸命に作っている調理員さんたちに感謝するように」と繰り替えし指導しています。

佐伯市には、多品目の海・山・川の幸が四季を通じて出回っています。学校給食に出される佐伯産品の食材を提供するためには、生産者はもとより、学校、JA・JF・各関係者が協力しなければ成り立ちません。
こういった佐伯市全体での取組が評価されたことは、大変嬉しく思い、関係者の皆さんも今後の励みになることと思います。
(九州農政局長賞表彰では、ほかに4事業が表彰されていますが、いずれも学校や給食センターなどが単体で受賞しており、佐伯市のように「佐伯市」全体の取組として受賞したのは、本市の1例のみです)

佐伯市では、地域の農林水産業の活性化に大きく貢献する学校給食への食材導入に、今まで以上力を注ぎ積極的に取り組んでいきます。

・・・・・佐伯市は食のまちづくりを進めています・・・・・


(written by 田中志保 12.Apr.2012)


[PR]
by saiki-brand | 2012-04-12 11:44 | Comments(0)