佐伯市スグレモノ情報館 saikibrand.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

こちらのブログは佐伯市ブランド流通促進協議会(TEL:0972-22-4673)が発信しています。face book(http://www.facebook.com/saikishibrand)&Twitter(http://twitter.com/saikishibrand)もチェックしてくださいね♪


by さいき殿伝
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

佐伯市ブランド流通課の職員は、佐伯市ブランド創造塾・佐伯人創造塾・大分県農商工連携人材養成塾などに参加をしています。今回の報告は・・・

10月24日(日)、農商工連携人材養成塾の現地研修会として、豊後大野市のピーマン、竹田市のトマト産地を訪ね、各選果場で農協の担当者から説明を受けた後、ほ場の見学をしました。


d0168569_14132770.jpg<ピーマン>
県下のピーマンは「大分ピーマン」の統一ブランドで全国に出荷されています。夏秋物としては、北海道・茨城県などに次ぐ産地となっています。
以下主な質問のやりとりです。
○規格外の商品をカット野菜にするなどの取り組みは?
●カット野菜としての購入価格が、集荷や配送費用に見合えば、カット野菜に回すことができるが、現実としては価格がなかなかあわない。全体量の2から3割は廃棄に回っているのではないか。また納入量が1回あたり1トン程度要求されることも障害となっている。
○品種は統一しているのか。
●大分県では約8割が「サラダ」という品種だ。熊本県では新品種への切り替えが急速に進んでいるようだ。
○露地栽培はあるのか。
●共販では(ピーマン部会)では、露地は対象としていない。露地の作柄は簡易のビニールハウスに比べると収穫量で5割程度で、品質面でも劣るようだ。
○完熟ピーマンの市場が今後伸びると言うことはないか?
●緑色のピーマンは花が咲いてから2週間で収穫できる。完熟(赤色)だと約40日、パブリカだと60日と言われている。回転を考えたとき、農家にとって実入りの多いのがどちらかということになる。
その他、担当者からは、①タバコの生産が縮小傾向にあること、②白菜やキャベツなど重量の重い物(収穫に骨折る物)については青田買いが結構見かけられるが、朝や夕方の人のいないときに、相当量の強いにおいの農薬が使われているようだ。


d0168569_14135091.jpg<トマト>


大分県では竹田市が主要な産地となっている。JAみどり竹田の範囲で100名の農家が、2,600tを生産している。出荷は6月下旬から1月までで、登記は暖房を使っている。7・8月の出荷量が多い。現在の出荷額は約6.5億で、以前は約10億あったが、これ以下や生産価格の伸び悩みなどもあり、減少している。小玉や赤く熟した物はケチャップやジュースになっている。出荷先は九州一円と大阪方面。
『トマトの品種』   品種は桃太郎が約7割だが、全国的には桃太郎の生産量は落ちている。歩留まりの良いリンカやミソラが伸びてきている。
『青取りトマト』   大半のトマトは緑から少し色が出た程度で収穫をするが、これは流通(仲卸)業者が望むからである。(収穫時は青くても消費者に届くときには赤くなる)農家はみんなおいしくて安全な物を届けたいと考えているが、結局は農家の収入がどうかと言うことが大切だ。
『赤取りトマト』   熟した赤取りトマトの生産を昨年から始め、イオンと相対で取引をしている。通常の場合より農家の手取りが大きくなる。赤取りは裂果などリスクも大きいが、今のところ大分県だけの取り組みで、今後も増やしていきたい。 通常の物はロボットで箱詰めをするが、赤取りはより丁寧に手でパック詰めをしている。赤取りトマトは日持ちが悪いと思っていたが、(冷蔵技術の改善等もあり)青取りより日持ちがすることが発見され、実は驚いている。リコピンやグルタミンも増加する。
『安全安心』   ほとんどの圃(ほ)場で有機肥料が使われているが、使い続けると段々できなくなる。化学肥料との組み合わせが有効だ。農薬の使用についても、発生を事前に予測し、発生前に使用する方が回数が少なくてすむ。発病後だと使用回数を増やしても効き目が弱い。農協では2年間寝かした有機肥料の使用を進めている。
『おいしい物を』  農家はみんなおいしくて安全な物を届けたいと考えている。
『農業離れ』   労働の厳しさより、農業の収入が低いことが農業離れを促進してきた。農家の高齢化は悩みだが、トマトは80歳を超えても生産ができる。今は農業学校などを卒業した人が、2から3年農家で実体験を踏み、その後自信が持てたら、行政が農地を斡旋するなどして、自立するというやり方もできるようになっている。


              (write by 26.Oct.2010  田嶋隆虎)
[PR]
# by saiki-brand | 2010-10-26 14:18 | 研修会・視察(報告) | Comments(0)

d0168569_16141090.jpg

佐伯市では毎月1回、さいき活き活き献立の日として、地元の産品を使った料理を学校給食(約7,200食)で提供しています。11月に予定しているのウルメイワシの干物は地元水産加工協議会から提供していただいたもの。
d0168569_8422575.jpg

10月はサツマイモでした。学校給食で使われた食材が、子供を通じて家族にも伝わり、地産地消が広まることが期待されています。


(write by 田嶋隆虎 26.Oct.2010)
[PR]
# by saiki-brand | 2010-10-26 08:42 | 旬の情報 | Comments(0)