佐伯市スグレモノ情報館 saikibrand.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

こちらのブログは佐伯市ブランド流通促進協議会(TEL:0972-22-4673)が発信しています。face book(http://www.facebook.com/saikishibrand)&Twitter(http://twitter.com/saikishibrand)もチェックしてくださいね♪


by さいき殿伝
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

10月6~8日、佐伯市議会地域産業調査特別委員会の先進地視察に、随行の議会事務局職員とともに、佐伯市農林水産部水産課・農業振興課・さいきブランド流通課から各1名の職員が同行しました。今回の視察先は、佐賀市、長崎市、下関市。議員の皆さんは精力的に視察をこなし、積極的に質問をしていました。

d0168569_11291986.jpg
d0168569_11294839.jpg
d0168569_113013.jpg
d0168569_11301771.jpg
 
d0168569_11325480.jpg
佐賀市の九州電力生物資源研究センターは、電気エネルギーの利便性を効率的かつ効果的に活用した魅力ある農林水産業の推進を目的に設置された研究開発期間。ハウス栽培用のヒートポンプ・閉鎖循環養殖システム・植物の機能性利用に着目した新品種開発の外、家庭菜園栽培セットの開発などを行っている。

d0168569_11332357.jpg
d0168569_1133391.jpg
d0168569_11334881.jpg
d0168569_11335850.jpg
d0168569_1134950.jpg
 長崎市の長崎魚市(株)では、中国向け水産品の貿易について説明を受けた。同社の呉部長からは、「中国では日本の水産物としては北海道産がダントツの知名度。価格は日本に比べ2~3倍で販売されている。長崎産にこだわらず、全国から品物を集めている。人気種は、アジ・サバ・ブリなどで、養殖マグロが1番人気。今日捕れた魚が明日の昼には中国でテーブルにあがる。 (ブリ類は)フィレのすると色変わりが早いので丸(ラウンド)のニーズが高い。冷凍したら価格は半値。」など貴重な話が聞けた。
また「ながさき経済」2010.6によれば、「同社は現在、中国国内に日本産鮮魚の常設店舗を構えている、日本で唯一の企業。90年代後半では冷凍物が主力であったが、中国国内富裕層の増加で、日本料理店などで高品質の食材需要が高まっており、05年から鮮魚輸出をはじめた。鮮魚で小売りに回る物はほとんど無いようだ。輸出が目的ではなく、相場を見てもっとも有利な市場に出荷すると言うこと。国内の相場に比べて海外のほうが値がつけば海外で売る。」

d0168569_11343384.jpg
d0168569_11344276.jpg
 同じく長崎市の「長崎ダイヤモンドファーム(株)」は、三菱重工の関連会社で、「長崎市いきいき農業特区」を利用して農業参入したもの。H18からは、市から8連棟のハウスを無償提供してもらい、トマト・ハウスメロン・キュウリ・アスパラ・ジャガイモなどを栽培している。農業学校卒業生を採用している。主に学校給食に出荷する外は直売所や関連会社で販売をしている。農協には出荷していない。当初は5年くらいで収支均衡を目指したが、農業は自然に左右されることもあり、現実には10年くらい覚悟しないといけない」などと、話してくれました。

d0168569_113536.jpg
d0168569_11351064.jpg
d0168569_1135174.jpg
d0168569_11352871.jpg
d0168569_11353414.jpg
d0168569_11354793.jpg
d0168569_11355438.jpg
 最後に下関市の「唐戸市場」の視察では、「唐戸市場は全国で唯一、特例として、場内業者から消費者が直接買うことができる。平成13年に現在の地に移転し、当初約70万人だった入場者数が、H21では約140万人である。単なる市場機能の外に、消費者への販売や、周辺施設=カモンワーフと一体となった観光などで賑わっている。市場の取扱高は、H18以降減少傾向にあり(H17=89億万円、H21=53億円)、仲卸27社・関連企業140社、ピーク時は約600人が働いている。水産品としては、フグ・クジラ・ウニ・アンコウがブランドとなっている。市町村合併以後は、特牛市場の、これまでは呼子の送っていたイカのブランド化に力を入れている。」と話してくれました。

※詳しい報告は、次期の議会の中で報告される外、市議会報等で紹介される予定です。
 /font>
               
                  (write by 田嶋隆虎+新名博臣 29.Oct.2010 )
[PR]
# by saiki-brand | 2010-10-29 11:40 | Comments(0)


d0168569_161025.jpg
地域のやる気を応援します!!

さいきブランド流通促進等事業費補助金を「新設」しました。


佐伯市の農林水産物のブランド化や流通促進等につながることを目的とした事業を募集します。
補助する事業の採択にあたっては、書類審査及び審査会を行ますが、
まずはお気軽にご相談ください。

※対象事業 佐伯市の農林水産物のブランド化や流通促進等につながる新たなソフト事業(商品開発、パッケージ更新、パンフ作成、先進地視察研修、展示販売など)。ただし、年度内に完了する事業とします。

※計画書提出期限 第1次締切11月15日(月) 第2次締切12月15日(水)
 申し込みが多数となった場合、又は、予算総額に達した場合は、第2次募集を行わないこともあります。

※補助対象者 本市に事務所又は事業所を有する法人その他の団体

※補助限度額 1事業20万円(補助対象経費の2分の1以内、予算総額100万円)

※応募方法 所定の申請用紙にご記入の上、下記に提出してください。
申請用紙はさいきブランド流通課窓口の外、こちらからダウンロードできます。
《応募先・問い合わせ》さいきブランド流通課(第3庁舎3階) 
              電話 22-4673
              E-mail saikibrand@city.saiki.lg.jp

                                   (write by 田嶋隆虎 26.Oct.2010)
[PR]
# by saiki-brand | 2010-10-26 16:10 | 旬の情報 | Comments(0)