佐伯市スグレモノ情報館 saikibrand.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

こちらのブログは佐伯市ブランド流通促進協議会(TEL:0972-22-4673)が発信しています。face book(http://www.facebook.com/saikishibrand)&Twitter(http://twitter.com/saikishibrand)もチェックしてくださいね♪


by さいき殿伝
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

大島一本釣り鯛<<京都市場ではブランド


5月の末に、大島の一本釣り漁師の皆さん+県漁協鶴見支店の皆さん+
さいきブランド流通課+水産課で、京都中央卸売市場を視察研修しました。
d0168569_1036641.jpg当日は、大京魚類(株)・大石常務取締役の案内で、午前4時30分から
市場全体を視察したあと、午前6時からの鮮魚類の競りを見学しました。また午前8時からは、同社会議室で次期社長に内定している東川顧問をはじめ5名の市場関係者と意見交換をすることが出来ました。
 同社関係者によると、
d0168569_10371617.jpg○京都市場では、既に大島の一本釣りタイはブランドになっている。その日の入荷量等で価格は変動するが、京都市場の鯛の価格をリードしているのは間違いない。
○築地市場が数量に準じた相場であるのに対して、京都市場は規格・品質に厳しいところが特徴。魚に十分な気を使って出荷すれば、相応の値段が付けられる。
○東京ではマグロに高値がつくが、京都では鯛に値がつく。
d0168569_10485992.jpg○価格は品質+その日の入荷量+その日の需要により変動する。
 また大島関係者から、最近の漁獲量の減少、魚体が平均して小さくなっていること、巻き網などを周辺でやられると量が著しく低下すること、などが指摘された。これに対し東川顧問からは、
○ニュージーランドでは、一隻当たりの漁獲量が決まっており、漁獲についても売り
の注文(数量及び価格の決定)が入ってから出船し、漁獲・陸揚・空輸(欧米中心)
まで、ロスのない漁業操業をしている。
○北欧では、漁獲制限に加え匹数制限をして漁業管理をしている。
○国内では静岡のサクラエビ、秋田県のハタハタ、北陸の紅ズワイガニなどが、漁獲
制限、隻数制限等管理して、魚価を上げている。
○壱岐(や隠岐)の例や、他地域の取組等を参考に大島で何か取り組んで将来的
な振興策を図ってはどうだろうか。
また、会議の中では次のような会話があった。
○産地で良いと思っているものと、消費地で好まれるものとが一致しいないこともある、市場が求めるものを出荷する工夫を。
○大島の一本釣りアジについては、これまで取り組んでいなかったが、しめ方や送り方を工夫することで、市場の評価も得られるのでは。(鶴見関係者)
○京都市場の評価を逆輸入して、地元でもっともっと、大島一本釣りのタイやイサキの価値を広めていきたい。
d0168569_9525578.jpg

[PR]
by saiki-brand | 2010-06-15 10:49 | 研修会・視察(報告) | Comments(0)