佐伯市スグレモノ情報館 saikibrand.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

こちらのブログは佐伯市ブランド流通促進協議会(TEL:0972-22-4673)が発信しています。face book(http://www.facebook.com/saikishibrand)&Twitter(http://twitter.com/saikishibrand)もチェックしてくださいね♪


by さいき殿伝
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ギャル曽根さんイチオシ、雪ん子寿司


d0168569_14215840.jpg


 佐伯市の山間部に「愛の里工房」という生活改善グループのお店があります。山で採れる椎茸・ゴマ・ニンニク・シカ肉などを使った加工品の製造販売を行っています。

d0168569_1422564.jpg

雪ん子寿司と竹の子寿司

 主力商品は「雪ん子寿司」、ほどよくまとめた寿司飯のうえには、日本一と評価の高い大分県産椎茸、その上にスライスした大根、ご飯の下には大葉を敷いています。「雪ん子」という名前がぴったりくる商品で、食べるとまず大根のシャキシャキ、次いで椎茸の肉汁とぐにゃっとした食感、それからパラパラと口の中にこぼれる米粒・・・。もう一かみするとワサビの香りが鼻にツーンときて、最後は大葉の香り。

竹の子寿司も、色合いといい、風味といい、抜群。それもそのはず、雪ん子寿司の姉さんが「竹の子寿司」だから??。

d0168569_14241523.jpg


 「雪ん子」の名前の由来は、見た形からもですが、某イベントに出品の朝、雪が村も道路も覆い尽くした朝のこと、それまで単に“椎茸寿司”と呼んでいたものに、「あっ、雪ん子にしよう」と叫んだ同乗していた娘さんの声に、お母さんも「ほんとじゃあ、雪ん子にしよう」

d0168569_14245814.jpg


「雪ん子寿司」街道
2001年(平成15年) きのこ料理コンクール全国大会林野庁長官賞受賞
2008年(平成20年) 都道府県駅弁ランキング第2位(ギャル曽根さんが大絶賛)              九州一佐伯市「食と観光の祭り」で、梅宮辰夫さんが「一番美味い」と絶賛
              「釣りバカ日誌19」の大分県佐伯市ロケで、おもてなし料理として提供。スーさん・浜ちゃん、常盤貴子さんも大満足。  
2010年8月      ギャル曽根さんが雪ん子工房を訪れ、自ら「雪ん子寿司」に挑戦。「やっぱ、作りたてが一番」と約60貫をペロリ。

d0168569_14275268.jpg

d0168569_14253857.jpg


ギャル曽根流は、椎茸の上にマヨネーズ。

「雪ん子寿司」は、下記のお店で販売をしています。JR佐伯駅キヨスク、海の市場○(マル)、道の駅弥生、小半鍾乳洞売店(以上、佐伯市)、JR大分駅キヨスク、トキワデパート地下2階、別府駅構内。また、海の市場○では、冷凍の雪ん子寿司を通信販売も行っています。

d0168569_14290100.jpg

作っている人たちです。あと10名くらいいます。

雪ん子工房で、作りたてを食べながら、おしゃべりしませんか!
雪ん子工房内には、加工場のすぐ隣に小さな部屋があります。実演販売などを通して、「作りたては断然美味い」、そんなお客様の声に押されて、食事とおしゃべりスペースを設置しています。お気軽にお越しください。

近くには、日本一ホタルの乱舞する“せせらぎ”や、西日本一の大水車など、見所がいっぱいです。


雪ん子寿司のお問い合わせは、愛の里工房まで
TEL 0972(56)5417


                                      
[PR]
by saiki-brand | 2010-08-26 14:38 | 旬の情報 | Comments(0)