人気ブログランキング |

佐伯市スグレモノ情報館 saikibrand.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

こちらのブログは佐伯市ブランド流通促進協議会(TEL:0972-22-4673)が発信しています。face book(http://www.facebook.com/saikishibrand)&Twitter(http://twitter.com/saikishibrand)もチェックしてくださいね♪


by さいき殿伝
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『青山ピンコロ軒』(2)~地域・人・モノが繋がる素敵なネットワーク♪~


前回、本ブログにて『青山ピンコロ軒』(1)~人と自然がいっぱい!!~と題し、当協議会のブランド推進員大野の視点から青山ピンコロ軒についての情報をお伝えいたしました。

今回は、ブランド流通課職員のわたくし田中が、青山ピンコロ軒(以下、ピンコロと略して表示。)を中心に、地域モノが繋がる素敵なネットワーク!という視点で、お話できればと思います。

5月13日、私たちブランド流通課の野次馬娘二名でピンコロ軒に訪問させていただきました。
店内に入ると、すぐ横にある台所から元気な女性陣の声が。そして、台所の方から、ピンコロ軒代表の本田さんが、優しい笑顔で私たちを出迎えてくれました。
すぐに、本田さんがスタッフの女性陣に「お茶とコーヒー、そしてお餅を焼いて出してあげてね」と。その言葉を聞いてワクワクする私たち野次馬娘♪

前回もお知らせしましたように、ピンコロ軒での人気商品は、地元青山産の米粉を使って販売当日の早朝についたピンコロ餅です。
お餅を網で軽く焼いてくれ、昔懐かし~い感じのレトロな雰囲気が漂うピンコロ軒の店内。。
テーブルの上に出された、ほんわかホカホカのピンコロ餅と新茶、そしてホットコーヒーも!


ピンコロ餅を口に入れた途端に「おいしぃーーー」っと発してしまって、二人とも餅の美味しさと、一緒に伝わってくる何とも言えない母のぬくもりとでもいうのでしょうか、涙がホロリと出てしまいました。。。
d0168569_054322.jpg


ピンコロ餅は、販売当日の早朝から電話予約が入り、閉店前には売り切れてしまうのだそうです。

取材をしていると、次々と来店される方が後を絶ちません。
常連さんらしき方が「今日の日替わり定食は何?」とか「ピンコロ餅はまだある?」
店頭に並ぶたくさんの産品を見て「この野菜は買える?」売約済だと聞いて「えー遅かったぁ」など。入れ替わり立ち替わりに、が集いモノを購入しながら、ご自身が作った自家製の豆乳や豆腐、すり身、油揚げ、漬物などを置いていくという地元や地域の生産者と消費者のバランスがとれたピンコロシステム。(勝手に私がネーミングしましたが。)
需要と供給のバランスが、うまくとれている循環型地域ネットワークとでもいいましょうか!?
d0168569_019292.jpg


女性が多い店内に男性がいらっしゃいましたので、声を掛けてみました。
お近くに住む戸川英雄さん。
「こちらには、よく来られるのですか?」と尋ねると、
「ここしか来るとこが、ねーんよ」と周りの方の笑いを誘っていました。
d0168569_021881.jpg

そして、すぐさま「うちのが(妻が)作った自家製の漬物が美味しいけ、買っていきよ」と上手にPR。さすがの一言です。地元の大根を使ったお漬物100円の格安商品でした!

さて、ピンコロ軒のスタッフは、違う一面も持ち合わせています。
知る人ぞ知る青山シルバー劇団の売れっ子女優さんたちなのです!!!


↓写真中央の女性は、女優の矢野さん。写真右隣が前述の戸川さん。その右隣に小さく見えるのが青山区の大良区長さんお手製の青山シルバー劇団の活動パネル(一部拡大写真有)です。そして、一番右にいらっしゃるのが、ピンコロ軒代表の本田さんです。
d0168569_0312428.jpg

d0168569_841178.jpg



ピンコロ軒を支える女性スタッフ兼女優陣いわく。「わたしたちの生きがいなのよね~」
と、皆さんとても若々しくてお元気そのものです。
本田さんは、舞台メークを施す担当とのこと。皆さん、とても芸達者なのですね。
 
さて、話は変わりまして、昨年の夏に開催された、私も参加したかった・・・かの有名な「どろ(泥)んこバレー」では、ピンコロ軒「みなみスポーツクラブ」からの依頼を受けてカレーライスを500食も手作りし、選手や応援者、役員関係者にふるまったそうです。これは、地域活性化や地域とのつながりという意味合いもありますが、もうひとつ大事なことが隠されています。
それは、ピンコロ軒の発足した目的である自主防災の炊き出しの練習に!という大事な意味合いがあったのです。何百食という量の炊き出しをするには、どれだけの材料や道具が必要で、どのように順序よく効率よく炊き出しをすることができるのかなどを考えながら、実践されているとのこと。

他のイベントでも、炊き出し練習になる場があります。
佐伯市の年末の恒例イベント「佐伯市地区対抗駅伝」では、佐伯市からの依頼を受け、豚汁を600食ほど作って提供しているそうです。こちらも同じような趣旨で行っているようです。
スポーツの振興や「おもてなしの心」など、地域にたくさんの幸せまでも還元しているように感じ、ピンコロ軒から広がる温かいつながりをしみじみと感じ取ることができました。

また、ピンコロ軒青山小学校との繋がりもあります。
青山小学校の子どもたちが作ったシイタケをピンコロ軒で販売したり、青山小学校ピンコロ餅を提供しています。卒業式には、ピンコロ餅紅白餅にしてプレゼントしているそうです。
子どもたちがピンコロ軒に立ち寄ることもあります。食育、見守りなどの活動につながっているんですね♪

こちらは、青山小学校から届いたお礼のメッセージ。
d0168569_16412.jpg


どうでしたか?

ピンコロ軒を中心に、さまざまな繋がりが見えてきませんでしたか?

生産者・消費者・地域の方など、たくさんのが集うピンコロ軒
さまざまなモノが集まるピンコロ軒
さまざまな地域と関わる・繋がるピンコロ軒
笑顔が広がるピンコロ軒

これから目指すべき「まち」「まちづくり」の縮図のような・・・大切な何かを見せてくれた、気づかせてくれたピンコロ軒
d0168569_10214390.jpg


さいきブランド流通課(0972-22-4673)では、こうしたスグレモノな活動などを皆さんに発信していくのも大切な役割だと考えています。
こういった情報があれば、ぜひご連絡ください。

野次馬元気娘?が、出動いたしま~す!!


(written by 田中志保 19.May.2011)

by saiki-brand | 2011-05-18 17:45 | Comments(0)