人気ブログランキング |

佐伯市スグレモノ情報館 saikibrand.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

こちらのブログは佐伯市ブランド流通促進協議会(TEL:0972-22-4673)が発信しています。face book(http://www.facebook.com/saikishibrand)&Twitter(http://twitter.com/saikishibrand)もチェックしてくださいね♪


by さいき殿伝
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2011年 05月 02日 ( 2 )



 牡蠣(カキ)は、冬のものというイメージがありませんか!?

 それは真牡蠣のことで岩牡蠣が旬なんです。

 ですが・・・この時期に佐伯市では、すでに岩牡蠣を、美味しく食することができます。
 
 GW中の4月30日に、海の市場○(まる)で、屋形島のエメラルドグリーンの海で丹精込めて育てた岩牡蠣の炭火焼きが販売されていました。

 「焼牡蠣(小)250円」と看板に書かれており、注文してみると・・・
d0168569_17463157.jpg

d0168569_17451796.jpg

 実際に間近で観てみると、大きさは決して小さいという感じではなく、乳白色のプリップリのつややかな大きな牡蠣の身だったので、びっくりしました。
 炭火焼きの牡蠣をそのまま食べても美味しいですが、地元のカボスを搾ったもの(奥の容器)を掛けて、すするように食べてみました。

 すると、カボスと牡蠣から出てくるミルクスープがマッチしてとにかく「美味しい!!!」を連発して、感激しながら1人で岩牡蠣を3個ペロリと一気に食べてしまいました。

 そして、5月2日にも、道の駅かまえ(蒲江)の屋外でも岩牡蠣の炭火焼きが販売されていました。
 こちらは、看板には焼牡蠣(大)350円となっています。
 大きさも、海の市場○の時よりも100gほど大きいもののようで、とにかく「デカイ!」という感じです。
d0168569_18101663.jpg

d0168569_1974622.jpg


 この美味しい岩牡蠣の生産販売に努めておられる蒲江屋形島にご在住の後藤英介さんに岩牡蠣のおいしさの秘密について聴いてみました。
 
d0168569_18124484.jpg


 後藤さんは、「蒲江の海水が、良質なプランクトンの宝庫で、それらを食べて成長する牡蠣が育ちやすい自然環境にあるからだと思います」と、嬉しそうにおっしゃっていました。

 もちろんそれだけではなく、後藤さんをはじめとする岩牡蠣生産者の方々の日々のご尽力や様々なご苦労を重ねているからこそ、大きくて濃厚な岩牡蠣がすくすくと育っているのだと思います。
  
 後藤さんが丹精込めて生産されている岩牡蠣の漁場には、約2万個の稚貝から大きな牡蠣までたくさん育てられていました。
d0168569_18313597.jpg

d0168569_18463738.jpg
 
 後藤さんは、後藤さんの奥様と二人三脚で美味しい岩牡蠣を皆さんに食べていただきたいという思いで、このGWには、道の駅かまえ(蒲江)や海の市場○で、岩牡蠣の炭火焼きの販売をするそうです。
 
 ぜひ、皆さん、佐伯市の岩牡蠣をお召し上がりください。
詳しいことは、この佐伯市スグレモノ情報館のブログや、市報さいき6月1日号でもお知らせしていく予定です。
 
 
d0168569_18515546.jpg

 こちらは、後藤さんがお住まいの蒲江屋形島から撮影した風景です。
 夏のキャンプに屋形島の集会所やトイレバス付きの施設をご利用になりませんか!?
 岩牡蠣やヒオウギ貝の海鮮バーベキューを、楽しく美味しくいただいくというのもお勧めデス072.gif 

d0168569_1993690.jpg



   (written by 田中志保 2.May.2011)



 
 
 
 
by saiki-brand | 2011-05-02 18:53 | Comments(0)

市報6月1日号の取材で今回は佐伯市蒲江から船で5分、距離にして2kmのところにある「屋形島」に行って来ました。

前記事の「プリップリの岩牡蠣(カキ)が、とにかく美味しい!」の続編として、生産者の“こだわり”に重点をおいて書きたいと思います。


「屋形島」は真珠の養殖を盛んに行っていましたが、貝の流通が減ってきたことなどを理由に辞めてしまう人が多く、このままでは地元の島(屋形島)がなくなってしまうとの思いから、今回取材させていただいた後藤さんがイワガキの養殖を始めたそうです。

d0168569_1218697.jpg
屋形島はヒオウギ貝の養殖でも有名!


そもそも、なぜ“イワガキ”なのかを尋ねると…、
「杵築に真牡蛎を食べに行った際、蒲江の海でも作れるんじゃないかと思った。そうしたら、四国からイワガキの稚苗が手に入ったので試験的に作ってみた。始めてまだ3年目。」と後藤さん。

d0168569_1219750.jpg

20杯入りが2つ。海水から持ち上げる時の限界の重さ


ホタテ貝に稚苗をくっつけ、ある程度の大きさまで成長させてから、それぞれを分離させ丸カゴと呼ばれる網のケースでさらに成長させます。ちなみに出荷できるまで“2年”かかります。

d0168569_12204464.jpg

小さい貝がいっぱい
d0168569_1221371.jpg
水の勢いで泥や海藻を取る


養殖する上でのこだわりは…
①泥をよく取る(取らないと生臭くなったり、泥臭くなったりするので、丁寧に丁寧に何度も洗う)
②手入れをする(①と同様、丁寧に何度も殻を磨いたり、付着している海藻を取る)
③夏は水深を深くする(2~3mが成長が良い)

d0168569_12223870.jpg
約2万個のイワガキこの下で養殖されています
d0168569_12242697.jpg
3年もののイワガキ。約450~500gまで成長

通信販売なども行っており、生食用は赤外線装置を通した海水に1日つけ殺菌処理をしているので安心して食べられます。
G.W.中は“道の駅かまえ”や“海の市場〇(まる)”でイワガキの炭火焼きの店頭販売もしています!
血圧やコレステロールの値を下げるタウリン、夏バテ予防のグリコーゲンが豊富な“イワガキ”を食べに来ませんか?

   (written by 大野歩 2.May.2011)
by saiki-brand | 2011-05-02 16:16 | ガンバリスト | Comments(0)