佐伯市スグレモノ情報館 saikibrand.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

こちらのブログは佐伯市ブランド流通促進協議会(TEL:0972-22-4673)が発信しています。face book(http://www.facebook.com/saikishibrand)&Twitter(http://twitter.com/saikishibrand)もチェックしてくださいね♪


by さいき殿伝
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧



平成24年3月27日(火)、佐伯市のホテル金水苑で上浦本まぐろ研究会主催の「上浦本まぐろ料理完成披露会」が盛大に開催されました。
d0168569_10594739.jpg
佐伯市のマグロ養殖業者は、ニッスイグループの中谷水産株式会社上浦事業所をはじめ2社あるそう。

佐伯の海が、おいしいまぐろを育てるんですね~(^^♪

佐伯市鶴見にはまぐろの養殖施設もあります。

日本水産株式会社(ニッスイ)/養殖事業推進室・大分海洋研究センター
〒876-1204 大分県佐伯市鶴見大字有明浦508-8
TEL:0972(33)1405
d0168569_1135552.jpg
マスコミや水産関係、飲食関係の方々がお集まりになりました。
↑↑↑↑↑写真一番右は左からムッシュカワノ、佐伯商工会議所の谷川会長、さいきブランド流通課の岡崎課長。
d0168569_1191512.jpg
↑↑↑↑↑主催者あいさつ。
上浦本まぐろ料理研究会会長、梅田貴也さん。
「内臓の部分は今まで捨てられていたが、何とか有効利用できないかと研究し、みなさんに食べて頂けるまでになりました。」と話してくれました。
d0168569_1110416.jpg
続いて、来賓あいさつ。
大分県知事 広瀬勝貞様。
「このお料理で佐伯に人を呼び込みたい。期待しています。」と話してくださいました。
d0168569_11103423.jpg
来賓あいさつお二人目。
県漁協代表理事組合長、山本勇さん。
漁協の取り組みなどを話してくださいました。
d0168569_1148916.jpg
来賓あいさつ3人目。
中谷水産株式会社専務、泉田昌広さん。「ニッスイの取り組みとして、上浦で喜鮪ブランドでがんばる。」と話してくださいました。

「喜鮪(きつな)」の由来は…(ニッスイ「喜鮪」パンフレットより抜粋)
日本人が好きな「まぐろ」。
なかでも、「本まぐろ」はいちばんのごちそうです。
そのごちそうを、より多くの人に食べてもらいたい。
そんな思いから、ニッスイの国産本まぐろ「喜鮪」は生まれました。
そして、「喜鮪」を囲む家族の「喜び」や「絆」が、もっと素敵なものになってほしい。
そんな願いを込めて。


d0168569_11113431.jpg
そして乾杯。
県漁協上浦支店運営委員長、山道義則さんが乾杯の音頭をとってくださり、試食会が始まりました。

ここで、誤解のないようご説明を。
お昼12時に始まったこの会、飲み物はアルコール無しで、ノンアルコールビールとウーロン茶だけでした。
d0168569_1143715.jpg
出されたお料理はこちら。↑↑↑↑↑
どれもめちゃめちゃ美味しかったです♪ (≧▽≦) ♪

このお料理は、4月から上浦の飲食店「海鮮丸」で出されるそうですので、みなさんもぜひ食べに行ってみて下さいね(^^♪
d0168569_11131171.jpg
↑↑↑↑↑その「海鮮丸」の女将さん、梅田依子(うめだよりこ)さんと岡崎課長。
梅田さんと少しお料理のお話をさせて頂きました。
「モツ煮込みはやわらかくてとってもおいしかったです(^^♪」というと「圧力鍋で一度煮ているから」とのこと。
手間ひまかかってるんですね~。
「みなさんがおいしいと言って食べてくれればうれしいです。」とおっしゃっていました。
d0168569_1164099.jpg
そして、ビデオ上映会が始まりました。
中谷水産の門田さんの説明もあり、まぐろの養殖の実態を初めて知りました(^_^;)
みなさんにおいしいまぐろを届けたい!と熱い思いを語っておられました。
d0168569_1171628.jpg
最後に、お礼のあいさつ。
上浦本まぐろ料理研究会副会長の福泉健二さんより、謝辞や支援依頼などのお話があり、閉会となりました。

まぐろの養殖と一口に行っても、裏では大変な苦労があったりするんだなぁ~としみじみ思いました。
そして、まぐろの育て方、釣り方、運び方、全てにきめ細やかな配慮がされていて、私たちがおいしく食べられるのは、こうした裏の努力をして下さっている方のおかげなんだなぁと感じました。

まぐろの養殖もすごいけど、そのまぐろをあますところなく料理して美味しく食べようと努力している、上浦本まぐろ料理研究会の方々もすごいと思いました。

塩辛などは商品化する予定もあるとか。

みなさん、養殖まぐろは安全でとってもおいしいです(^^♪

さいきブランド流通課の田嶋参事作のムービーも合わせてご覧ください(^^♪

脂のりのよい、鮮度抜群の「本まぐろ」をお届け!
九州の奄美、甑島(こしきじま)、対馬、上浦といった、きれいな漁場で育て、年間を通じて、おいしい国産本まぐろをお客様へお届けできるよう、管理・育成しています。
…(ニッスイ「喜鮪」パンフレットより抜粋)


佐伯産のまぐろを見かけたら、ぜひぜひ食べてみてくださいね♪

(written by 高橋まや 28.Mar.2012)
[PR]
by saiki-brand | 2012-03-28 13:41 | Comments(0)

平成23年度の「さいきブランド流通促進補助金」に採択された2団体が佐伯市の特産品のブランド化や流通促進につながる事業として、新商品を開発し、新商品やその試食会の様子などが、大分合同新聞に掲載されました!

2団体とも新商品を開発するにあたり、一般の方や生産者・関係者など多くの方に声掛けをし、試食会を開催しました。

d0168569_12133767.jpg
まずは、佐伯市本匠の水車茶屋「なのはな」さんの山の幸、乾椎茸をふんだんに使って作った「山んだしの新商品開発」の大分合同新聞掲載記事です↓↓↓
コチラをクリック

d0168569_1215379.jpg
続いて、佐伯市宇目の「杜のTshop」さんの体験農園とタイアップした「宇目の特産品ブルーベリー・栗・かりかり桃のジャム、コンポートなどの新商品開発」の大分合同新聞掲載記事です↓↓↓
コチラをクリック

2事業とも、専門家の意見を取り入れながら、グレードの高い商品を開発しており、試食会を開催し、試食会に参加された方の意見も取り入れ、さらに商品に磨きをかけています。

試食会に参加された方から出された意見は、どれも好評をいただいており、商品を開発された団体も自信を持って商品を売り出していくことと思います。

このように、本市では佐伯市の農林水産物のブランド化、流通促進を図ることを目的とした事業を応援する補助事業について、平成24年度も引き続き取り組む予定ですので、興味のある方はまず佐伯市ブランド流通課までご相談ください!

★★★★★★★さいきブランド流通促進等事業費補助金★★★★★★★

1 対象事業:   佐伯市の農林水産物の特産品のブランド化や流通促進
            等につながる新たなソフト事業
            (新商品開発・パンフレット作成・展示販売などなど)

2 補助対象事業:佐伯市に事務所または事業所がある法人・その他の
            団体(個人不可)

3 補助限度額:  1事業20万円(補助対象経費の2分の1以内)

4 応募方法:   所定の用紙(事業計画書)を提出し、佐伯市農林水産部
            「さいきブランド流通課」まで
            (詳細については、新年度になってから市報等で
             お知らせ致します!)


随時、23年度の事業の報告をこのブログでもご紹介していきますので、お楽しみに!!

(written by 田中志保 26.Mar.2012)

[PR]
by saiki-brand | 2012-03-26 09:44 | Comments(0)

2月のケーブルテレビ佐伯で放送された『スイートピー』プレゼントの抽選&当選者の発表です!!

さいきブランド流通課の岡崎課長が抽選を行い、私(高橋まや)が補佐しました。
d0168569_112444.jpg
スイートピー50本1束を6名様にプレゼント♪ (≧▽≦) ♪

応募者数:52通(ハガキ42通、FAX10通)でした♪ (≧▽≦) ♪

■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*【当選者発表】*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*

d0168569_1128838.jpg
★佐伯市城南町:加藤キミ子さん
スイートピーのお花、当たりますようにお願いします。
2月27日夜10時半のケーブルで見ました。
※加藤酒店の奥さまでした(^^♪

d0168569_11315695.jpg
★佐伯市直川:森竹久美さん
ブランド流通課のみなさん、いつもCATVを楽しく見てます。
スイートピー大好きな花です。今はハウス栽培で1年中見ることができるけど、スイートピーを見ると“春になったなぁ~。”と感じます。『佐伯ブランド』の産品が全国に出回るのは嬉しいですネ。これからもブランド開発を楽しみにしています。

※笑顔が素敵ですね~(´∀`)

d0168569_11325481.jpg
★佐伯市女島:木本さん
佐伯市の地域の産業を知り、毎回楽しくTVを見ています。

※最初は写真撮影は断られてしまったのですが、「一緒に撮りましょう」と言うと、快く撮らせて下さいました(^^♪

d0168569_11333966.jpg
★佐伯市野岡:津田きよみさん
こんにちは~。ギュギュっと佐伯の旬でのコーナーで佐伯にこんなに色とりどりのスイートピーが立派に生産され、あらゆる方面、特に東京方面に出荷されているのですネ。感動しました!生産者のご苦労がケーブルテレビをとおしてこちらに伝わりありがとうございました。がんばって下さい。

※「娘の代理なんですけど~」と言って来てくださいました。お母様、せっかくお写真撮らせて下さったのに、お名前聞き忘れてごめんなさい(>_<)

★佐伯市新女島:岩本さん
この時期しかみれないスイートピーの栽培方法がみれてよかったです。

★佐伯市中村南町:戸髙さん
いつもおいしいものが流れていましたが、今回は私の好きな花。しかもかわいいスイートピー。お店に飾りたいので当選すると嬉しいな^u^

☆゚+。☆。+゚☆゚+。☆。+゚☆゚+。☆。+゚☆゚+。☆。+゚☆゚+。☆。+゚☆゚+。☆。+゚☆゚+。☆。+゚☆゚+。☆。+゚☆

♪゚・*:.。.Happy☆ヽ(*´∀`*)ノ☆Happy.。.:*・゚♪

当選者のみなさん、本当におめでとうございました♪


次は、プレゼントに応募して下さった方のコメントをご紹介いたします(^^♪

■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*【プレゼント応募者のコメント】*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*

★今回は私の大好きなスィートピーの栽培。ハウスの中をテレビで見れて感動しました。一度ハウスの中に入ってみたいです。毎年少しだけ種をまくのですが育ちません。スィートピーを見ると、やさしい気持のなりますね。(55歳、女性)

★花好きの私にとってこのコーナーは最高でした。テレビに映ったスィートピーを写メにとってしまいました。香りも届きましたよ。(56歳、女性)

★スィートピーは店頭に並んだ切り花の印象が強かったのですが、温室の中で育つ様子や、生産者の人柄も伝わってきました。より一層親しみがわいてきます。(53歳、女性)

★スィートピーとてもきれいですね。あんなに大きくて、しっかりしていて、びっくりしました。ハウスの中は暖かくて良いですね。(58歳、女性)

★今回は私の大好きな花。しかもかわいいスィートピー。お店に飾りたいです。(64歳、女性)

★スィートピーを宇目で作っていること、東京等に出荷されていること、大変な仕事であることを知りました。がんばって良い花を作ってください。(68歳、女性)

★それぞれの地域のことが一目で分かり、遠くへ行けない人も、情報とともに楽しく見ていると思います。(69歳、女性)

★生産者が大変な思いで手をかけて育てた産品のプレゼントコーナーは「ありがとう」の一言です。生産者のみなさんに感謝です。(52歳、女性)

★茎がまっすぐな良質のスィートピーを作るのに、洗濯ばさみが活躍しているとは驚きました。また、ハウスの中は最高の癒し空間に思えました。この3月に還暦の誕生日を迎える私に、是非スィートピーをプレゼントしてください。(59歳、女性)

★スィートピーの栽培方法が見れて良かったです。(57歳、女性)

★色とりどりのスィートピーが立派に生産され、特に東京方面に出荷されているのですね。感動しました。生産者のご苦労が、ケーブルテレビを通してこちらに伝わり、ありがとうございました。頑張ってください。(48歳、女性)

★佐伯の産業を知り、毎回楽しみにしています。(65歳、男性)

★生産者がこの仕事にかけている姿が分かりました。毎日何気なく過ごすのが恥ずかしい気がします。これからも新しいブランドを発掘して、また、紹介してください。(61歳、女性)

★佐伯に住んでいても知らないことがたくさんあります。佐伯が力を入れている物や佐伯の物で商品化されている物なども紹介してください。スィートピーは日持ちもするし、いろんな色があってかわいいですね。(72歳、女性)

★スィートピーのきれいな花に囲まれて、やりがいのある仕事だなぁと思いました。(36歳、女性)

★花大好きの私には、とてもいい企画です。見に行きたいくらいです。(56歳、女性)

★宇目はすごい。ハウスに入ってみたいです。(55歳、女性)

★あんなにきれいな花に囲まれていいですね。(30歳、女性)

★とてもきれいで、香りが私のところまで届きそうでした。あんなところで働けたらいいですね。(56歳、女性)

★次回のコーナーを楽しみにしています。(75歳、女性)

★宇目の寒い土地でスィートピーが作られていることにびっくりです。まだ知らない生産物を紹介してください。(70歳、女性)

★主人の母が大好きです。いつの日か生シイタケのコーナーもお願いします。(年齢不詳、女性)

★さいきブランド流通課のみなさん、いつもケーブルテレビを楽しく見ています。今はハウス栽培で1年中見ることができるけど、スィートピーを見ると「春になったなぁ」と感じます。佐伯ブランド産品が全国に出回るのはうれしいです。これからもブランド開発を楽しみにしています。(42歳、女性)

★道の駅で甘い香りのスィートピーを買いました。また会えるといいですね。(38歳、女性)

★私たちの知らないところで多くの人が苦労と努力があって、生活に潤いと元気を与えているのですね。ケーブルテレビを通して、生産者のお顔と、心意気が伝わりありがたいと思います。大変な世の中ですが、お体に気を付けて頑張ってください。(72歳、女性)

★佐伯はお魚も美味しいし、農産物もシイタケやお茶、野菜も美味しいし、好きな所に住めてうれしいです。それと、パンフレットやガイドブックが色々な施設に置いてあり、市民への情報発信力がすごいなと思いました。お花が大好きで、カラフルなお花が部屋に飾ってあると、テンションが上がりますね。(43歳、女性)

★スイートピーかわいいですね。(34歳、男性)

★立ちあがって咲くその姿を見て、春の訪れを感じます。美しく咲かせるまでのご苦労を知らない僕には分かりませんが、母にプレゼントしたいです。(28歳、男性)

★スィートピーの色の種類がたくさんあるのに、びっくりしました。春を感じ、心が癒されました。(41歳、女性)

★色の染色でたくさんの色ができることにびっくりしました。(50歳、男性)

★ピンクのスィートピーが大好きで、一度種から育てたことがあります。うまく咲かせることができなかったです。宇目で生産されていることを今回初めて知りました。次女の節句があるので、スィートピーを飾ってお祝いしたいです。(33歳、女性)


たくさんのご応募ありがとうございましたヾ(*´∀`*)ノ ♪

これからもケーブルテレビ佐伯の「ギュギュっとさいきの旬」と佐伯産品を宜しくお願いします(^^♪

(written by 高橋まや 21.Mar.2012)
[PR]
by saiki-brand | 2012-03-21 11:51 | Comments(0)

既にケーブルテレビ佐伯をご覧いただいている方もいらっしゃることと思いますが…
その時の様子を取材させて頂きまして、今更ながらのご報告です^_^;
スイートピーの栽培、収穫風景が初めて観られるとあって、私(高橋)はワクワクしながら取材にGO!(^^♪

まずは、宇目の農産物出荷所へ。
スイートピーがきれいに箱詰めされているところでした。

後で聴いた話ですが…
実は、スイートピーは東京への出荷が一番多いそうです。
d0168569_10595296.jpg
ではでは、スイートピーが栽培されているハウスへ行きましょう!
中に入ると、まず作業場があり、水入りのケースに入れられているスイートピーや、キレイに束ねられてるスイートピーが並べられているのが目に飛び込んできました。
キレイ~ (≧▽≦) ☆彡
d0168569_119418.jpg
そこに入った瞬間から、スイートピーのいい香りに包まれて
ほっこり、しあわせ気分~(´∀`)

作業場を通ってさらに奥へ行くと…
ワァ──o(。´・∀・`。)o──♪
背の高いスイートピーや、背の低いスイートピーや、とにかくスイートピーが奥までズラーッと並んでいます。
よく見ると、ネットが張ってあって、そのネットに洗濯ばさみで茎が止められていました。
d0168569_11102729.jpg
こうやって作業されていたパートさんが一本一本丁寧に、背高く伸びたスイートピーを下ろしていきます。
茎が折れないように、花びらが痛まないように、とても気を遣う大変な作業です(>_<)
d0168569_1211678.jpg
スイートピーは一つの苗から枝分かれして何本も取れるそうです。
また、スイートピーは、茎が真っ直ぐな方がいいそうです。
茎の曲がっているものは商品にならないので、切って捨てられていましたΣ(゚д゚;)ガーン
花びらはきれいなので、許可をもらって、(特別に)いただいて帰りましたヾ(*´∀`*)ノ ♪

花は一本の茎に4輪以上ついているのがよくて・・・
花の数が多くなるほど高品質とのこと!
ご覧ください!
この花びらの美しさヾ(*´∀`*)ノ♪
d0168569_1110499.jpg
スイートピーはそれぞれに名前がついています。なんと、花の名前には外国の女性の名が多いそう。
名前がついてると、愛情を持って育てられそう・・・ですね(^^♪

でもでも、お天気に左右されるデリケートなスイートピー。
曇りが続くと花もつぼみもポトッと落ちてしまって、数ヶ月は花が付かなくなってしまうそうです。

生産者の奥哲郎さんと奥様の洋子さん。スイートピー畑がとっても似合います☆彡
たくさんの方へお花を届けられるよう、安定した生産ができるように頑張っています!とおっしゃっていました。
d0168569_11113313.jpg

ケーブルテレビ佐伯のお馴染み後藤キャスターと、生産者の奥洋子さんにスイートピーを持ってもらってパチリ!☆彡お二人とも絵になりますね~(*^^)v
d0168569_1112237.jpg
奥洋子さんに伺ったお話しですが…
お花を束ねる時に、扇形に、そして段々に、花同士が重ならないように束ねていくと花が痛まずにすむとか。なるほど~(●´∀)b
言われて初めて気づきました(^_^;)
d0168569_11124263.jpg
ところで、みなさん!
何色のスイートピーを見たことがありますか?
私は、ピンク、白、紫、黄色…ぐらいかな(^_^;)
色の話を伺うと、ピンク・紫・白が基本で自然色、その他は着色してるんですって!
\(◎o◎)/!

着色方法は…
白色のスイートピーに、着色したい色のお水にしばらく浸けておくと、キレイに着色されたスイートピーになるのだとか。

この前のバレンタインの時には、チョコ色のスイートピーがかなり売れたとか(^^♪
d0168569_11131220.jpg
スイートピーって現時点で24種類も色があるんです\(◎o◎)/!
オリジナルで着色できるそうなので、微妙な色合いも出せるのかもしれません(^^♪
d0168569_11164262.jpg
今が旬のスイートピー。
花言葉は「門出」、「出発」。
お好きな色を春の新生活のお祝いとしてプレゼントしてみてはいかがでしょう?(^^♪
きっと喜ばれますよ♪

プレゼント???
ケーブルテレビ佐伯でもスイートピーが5名の方にプレゼントされます♪ (≧▽≦) ♪
締切間近!!
奥ご夫妻が丹精込めて育てたスイートピーが欲しい方は、現在放映中のケーブルテレビ佐伯をぜひともご覧下さい♪
佐伯市ブランド流通促進協議会には、応募はがきなどが続々到着中です♪ (≧▽≦) ♪
ご応募お待ちしております☆彡

(written by 高橋まや 9.Mar.2012)
[PR]
by saiki-brand | 2012-03-19 14:06 | Comments(0)

3月8日(木)、米水津のつわぶき生産者の出納(すいどう)さんのところへ取材に行ってきました。

待ち合わせは小浦高齢者コミュニティーセンター。中に入ると、全てつわぶき料理の馳走がズラリと並んでいましたルン♪ (≧▽≦) ルン♪
でも、取材が先。(T_T)
少し小雨の降る中、近くのつわぶき畑へみんなで歩いて行きました。
d0168569_15314737.jpg
トトロの傘を思い出します。(^_^;)

つわぶき畑の中で、小さな新芽のつわぶきを見つけて、思わずパチリ(^^♪

「つわぶき」と「つわ」の違い、皆さんご存知ですか?
私は知りませんでした(>_<)
「つわぶき」は茎や葉っぱの裏側がツルツルしているそうです。
「ツヤのあるふき」がにごって「つわぶき」になったという話もあるそうです。
また、「ふき」は茎や葉っぱの裏側がザラザラしているそうです。

つわぶきは温暖な気候を好み、佐伯市の米水津、鶴見、蒲江、大入島が主な生産地。
収穫した後も、皮むき、食塩水でのアク止めなど手作業で行っているそうで、手間がかかっているなぁ~と感じました。

なぜつわぶきを育てようと思ったのですか?と聞くと「これしか仕事がないから(笑)」と明るくおっしゃっていました(^^♪
d0168569_15322235.jpg
手が黒くなったり、洋服が汚れるからと、出納さんが後藤キャスターに手袋とヤッケを用意してくれました。

つわぶきの収穫の仕方を習う後藤キャスター。
なかなか難しいようで、何度もチャレンジさせて頂いていました。
d0168569_1533326.jpg
つわぶきの根本はどんどん覆いかぶさるように茎が出てくるので(玉ねぎの皮のようなイメージ(^_^;))外側で茎の伸びてる方向へ根本の方を持って引っ張る感じ(言葉で表すのは難しいですね~(>_<))で収穫するのだそうです。
d0168569_15332868.jpg
さて、小浦高齢者コミュニティーセンターに戻ってきて、地元の皆さんで用意してくれたつわぶき料理などの撮影です。

↑↑↑↑↑写真左から、つわぶき生産者の「出納眞佐子(すいどうまさこ)」さん、つわぶきスイーツを作って下さった「御手洗マスエ」さん、そしてお料理を作って下さった皆さんです。

裏話ですが…
みんなで一生懸命考えて、今日初めて作ったお料理ばかりだったそうです(^^♪
そんなふうには思えないほどどれもおいしかったですよー!
d0168569_1129793.jpg
左から、サラダ、天ぷら盛り合わせ、肉まんのような「つわぶきまん」(私、高橋が命名(^_^;))、とあんこの入ったあんだんご?あんまんじゅう?
全部おいしかった~(´∀`)

天ぷらは大人気で、ビールが飲みたくなるー(´∀`)とみんなでばくばく食べました。
d0168569_1130281.jpg

おにぎりも佃煮も最高でしたー(´∀`)

つわぶきはアスパラみたいな感じで、意外にどんなお料理にも合うのよ~とみなさん話されていました。
なるほど~!
これだけつわぶきだらけでも、本当に飽きずにいっぱい食べれるんです(^^♪
みなさん、ごちそうさまでした~(´∀`)

d0168569_15355821.jpg
撮影中に見つけた、コンクリートの間から生えてる水仙。
つわぶき畑の中できれいに咲いてる梅の花。

春を満喫した取材でした(^^♪

(written by 高橋まや 14.Mar.2012)
[PR]
by saiki-brand | 2012-03-16 17:09 | 旬の情報 | Comments(0)

私も何度か行ったことのある、自然豊かな佐伯市宇目にある「杜のTshop」さん。
釜で焼いた本格的なパンが美味しくて大人気なんですよね~(´∀`)

その杜のTshopさんが、平成23年度の本市のブランド補助金(正式補助金名:さいきブランド流通促進等事業費補助金)を活用し、地元の佐伯宇目で生産された「栗・桃・ブルーベリー」を使った新商品を開発したので、試食会を開催します・・・とのご案内を頂き、大喜びで行って来ました(^^♪
まず店内に入ると、すでに新商品がキレイに並べられていました。
d0168569_11281489.jpg
d0168569_11285568.jpg
d0168569_11293887.jpg

今回の新商品は、ジャムとコンポート、全7種類。

「コンポート」とは?
詳しくはわからなかったので調べてみました(^^♪

コンポート(フランス語・英語:compote)は、果物をシロップやワインで煮こんだ菓子。家禽や野菜をワインで煮込んだものも含まれる。ジャムに比べて、果実そのものの食感や風味が残っており、糖度も低いため、そのまま食べたり、ヨーグルト、アイスクリーム、スポンジケーキなどにしばしば添えられる。
また、果物を盛る足つきの食器。それを模した花器の名称。

コンフィチュールとは、フランス語で「ジャム」という意味の言葉。
ジャムは昔から日本にありますが、「コンフィチュール」と呼ばれ、新しいお洒落なものとして取り上げられるようになったようです。

(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン
なるほどー!
d0168569_11305623.jpg
かりかり桃とは?
私は「カリカリ梅」を想像してしまいました(^_^;)
お話を伺うと…
かりかり桃は四国にしかなかったらしく、オーナーの相田さんが何度も四国に足を運び、苗をもらってきて宇目で育てたそうです。
宇目で珍しい果物を育てたかったのだとか。
その熱意とご苦労が実を結び、立派なかりかり桃がたくさんできるようになったそうです。
かりかり桃は冷凍できるし、冷凍しても味や食感が変わらないので、加工品にするのに最適なのでそうです。
このキレイな桃色もいつもちゃんと出るんですって!
d0168569_1132359.jpg
お店の奥のキレイな加工場で試食会が始まりました。
冷凍したかりかり桃、ブルーベリー、栗を見せてくれました。

かりかり桃は、加熱温度にかなり気をつかわれるそう。
一定の温度以上になるとやわらかくなりすぎてしまうのだとか。

栗は皮むきにコストも時間もかかって大変なんですって(*_*)
栗の収穫できる量もだんだん減っているそうで、原料確保が難しくなってくるかもとおっしゃっていました。
台風も天敵で、1回台風が来ると5割も減ってしまうんですって\(◎o◎)/!
みなさん、今のうちのこの杜のTshopの栗製品を食べてみてくださいねー!

ちなみに、ブルーベリーとかりかり桃は安定した収穫ができているので、今のところ大丈夫だそうです(^^♪

地元にブルーベリー作っている方が3軒あるそうですが、1軒あたりの収穫は少ないので、全て杜のTshopさんが買い取っているそうです。
地域にも貢献しているんですね。
そして、その方たちのおかげでブルーベリーも確保できて、安定した商品販売ができるんですね。

とにかく、お話を聞けば聞くほど、どれもとても手間のかかっている商品だということがわかります。
値段が安すぎるのでは・・・?という意見も出るほどです。
d0168569_11332991.jpg
かりかり桃のジャムは、実が残っていて食感があり、ジャムだけ食べてみた時にはスモモのような味と食感だと私は感じました。味は梅にも似た感じが…。
でも、ヨーグルトにかけてみると…少し酸味が消えたというか、程よい甘さでとても美味しかったです(^^♪
d0168569_11335590.jpg
↑↑↑↑↑こちらは、プルーベリージャムと、珍しい栗ジャム
ブルーベリーは見ての通りプルーベリーが丸ごとごろごろ入っていてめちゃめちゃ美味しい♪ (≧▽≦) ♪
栗ジャムも実の触感があって絶品でした♪ (≧▽≦) ♪
d0168569_11342020.jpg
↑↑↑↑↑こちらは、栗甘露煮とブルーベリーのコンポート。
ジャムもコンポートも糖度計で一律に測っているので、安定した甘さを保っているそうです。
どれを食べても程よい甘さでおいしかったし、どれも実の食感がそのまま残っていて美味しいんですよ~(´∀`)
そして、全て無添加、無着色
身体にやさしい、安心、安全な商品です。

このブログをご覧になって興味を持たれた方は杜のTshopへレッツGO!!!ーε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘


★杜のTshop
〒879-3302
大分県佐伯市宇目大字南田原2803-1
0972-54-3181
t-shop@saiki.tv

営業時間
9:30~17:00

火曜日・第四水曜日定休

★ももブロ~ももの杜TBlog~
佐伯市宇目にある杜のTshop
商品の紹介を主にしていこうと思います。
http://ameblo.jp/t-shop1/



(written by 高橋まや 16.Mar.2012)
[PR]
by saiki-brand | 2012-03-16 13:53 | ガンバリスト | Comments(0)

24年2月22日(水)、三余館2F大会議室で、平成23年度第2回佐伯市ブランド流通促進協議会講演会が行われました。

ご案内はコチラ

42名の方が参加してくださり、みなさん最初から最後まで、本当に真剣なまなざしでお話を聴いていらっしゃいました。
d0168569_15384292.jpg

内容は下記のとおりです。

『知らないと損 知って得する“佐伯ブランドセミナー”』
★「6次産業化及び地域ブランド化の推進について」/講師:小泉 善範 氏
★「佐伯産品を使った6次産業化のヒント」/講師:村田 勝 氏
★「経営に役立つ知的財産の活用」/講師:木戸 基文 氏


お題を拝見しただけでも、とても興味のある内容ばかり。
私も話を聴いていて、6次産業事業に取り組みたくなってきました。

講師陣のお話を聴くまでは「6次産業ってどういうもの?」と思っていたのですが、とても具体的なお話で、先進事例やプランナーさんたちが取り組まれたオリジナリティ豊かな内容でスクリーンを使ってわかりやすく説明してくれたので、なんだかワクワクしてきて、私でもやれるかも(ちゃんとサポートしてもらえそうだし)と思えました!県内には著名な敏腕プランナーさんもいるし、相談先なども資料に掲載されていたので、相談してみようかなって気持ちになれる内容でした(^^♪

6次産業化の先進事例として、当ブログでも度々ご紹介している、佐伯市の漁村女性グループめばるさんが資料に掲載されていました♪(≧▽≦)♪・・・めばるさんの代表桑原政子さんもしっかり受講されていらっしゃいました♪
d0168569_15483094.jpg
講師:小泉 善範 氏

九州農政局提供の一般資料に、こうして掲載されているのだから、すごいです!
講師の先生もすごい!!と褒めていらっしゃいました。

さてさて、私が個人的に面白くて楽しく受講できたのが村田先生のお話です(^^♪
具体的な食品の加工方法をたくさん挙げていただき、話し口調は面白く、淡々と教えてくださいました♪(≧▽≦)♪
ちょっとお料理の豆知識にもなったかも♪
d0168569_15562658.jpg
講師:村田 勝 氏

御三方とも、とてもわかりやすく、そして詳しく6次産業化についてお話ししてくださって、本当に勉強になりました。
d0168569_1614347.jpg
講師:木戸 基文 氏
弁理士の木戸先生。
「弁理士」という言葉自体初めて耳にしました\(◎o◎)/!
いろんな専門職があるんですね~。

「登録商標」という言葉はよく聞きますが、木戸先生は商標についての専門家。
とても分かりやすく商標のお話をしてくださいました。

この講習会に参加したいのに参加できなかった方々から「詳しく教えてください」とか「資料を送ってください」などなど…メール・フェイスブック・お電話・窓口でのお問い合わせなどがあり、たくさんの反響に驚いてしまいました。中には、講座内容について詳しくブログに書いていただけたら嬉しいです、というお声も。

このように、興味があって内容を知りたい方は、お気軽に「佐伯市ブランド流通促進協議会」までご連絡くださいね(^^♪

d0168569_1632480.jpg
最後は意見交換会&相談会。参加された方々は、皆さん積極的にたくさんの質問、相談などしていました。講師陣が、即その場で参加者から出た相談に対して、熱心に答えてくださいました。講座を受講された参加者の中には、後日ご自身の活動団体メンバーで、村田プランナーのもとに相談に伺うそうで、今回の講座がお役に立ててとても嬉しく思いました。。。
(お問い合わせ先)
佐伯市役第三庁舎三階 さいきブランド流通課内
佐伯市ブランド流通促進協議会
TEL:0972-22-4673


★関連ホームページ

村田勝氏+湯布院食工房「風曜日」
http://www.kazeyoubi.jp/

木戸基文氏+木戸弁理士事務所
http://www.kidoben.com/

九州農政局
http://www.maff.go.jp/kyusyu/


(written by 高橋まや 13.Mar.2012)
[PR]
by saiki-brand | 2012-03-13 16:12 | 研修会・視察(報告) | Comments(0)

3月3日(土)弥生B&G海洋センターで行われた「S1サミット」へ、郷土料理大集合の試食ができる試食券(1人500円)を買って行ってきました♪(≧▽≦)♪

佐伯の美味しいモノがたくさん味わえるこんな祭典見たことないです~\(◎o◎)/!
d0168569_15235516.jpg
弥生のハニージンジャー、最近どこに行っても見かけます(^^♪
おいしかった~(´∀`)
d0168569_15242426.jpg

ゲストにタレントで料理研究家の森崎友紀さんが審査員で来て下さっていました。
d0168569_1532481.jpg
やっぱりオーラが違います(*_*)
キレイな方でした(^^♪

さてさて…
10時から、まず最初に行われたのは…

*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*【おにぎり選手権】*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*

応募総数:118人、延べ123作品、決勝大会:12作品。
決勝戦に出場したのはこちらの方々(おむすび)です。
写真は一番左上が1番のおむすび~右へ…と順番になっています。
d0168569_1526587.jpg

1.豊後二見のもいか地鳥めし/佐伯市内町/染矢恒明「つね三」

2.海むすび/佐伯市鶴見/鶴見食賓館

3.里のおにぎりこびりまる/佐伯市弥生/農事組合法人「王冠」・安達八重子・田原初代・田原眞由美

4.いりこの焼きみそおにぎり/由布市庄内町/工藤沙彩

5.佐伯むすび/別府市・別府溝部学園高等学校/森永めぐみ

6.プリッ子おむすび/別府市・別府溝部学園高等学校/脇山まりも

7.あじほぐしのさっぱりおむすび/別府市・別府溝部学園高等学校/河野百加

8.ぶりにのって佐伯の春がやってきた/佐伯市弥生/弥生学校給食センター・下川ススム・松田加代子

9.“浦と里のだしむすび”/佐伯市宇目/矢野秀実

10.おさかなフレークおにぎり/佐伯市海崎/簀河原由以子

11.佐伯恋むすび(弥生の生姜とごまだしの恋)/延岡市/平尾理美

12.椎ー(しー)タコス/佐伯市鶴望/戸髙聖子

*★*―――*★*―――*★*―――*★*―――*★*

入選されたのはこの方々です♪
d0168569_15591324.jpg

♥最優秀賞 9.“浦と里のだしむすび”/佐伯市宇目/矢野秀実
♥優秀賞 3.里のおにぎりこびりまる/佐伯市弥生/農事組合法人「王冠」・安達八重子・田原初代・田原眞由美
♥特別賞 7.あじほぐしのさっぱりおむすび/別府市・別府溝部学園高等学校/河野百加

*★*―――*★*―――*★*―――*★*―――*★*

次は試食会(^^♪
こんなにお料理があったんですよー!
食べたことない知らないお料理もありました!
d0168569_15294461.jpg

1.つっぱり/上浦・浜中千恵美(ちいちゃん弁当)
★★★知らないので調べてみました(^^;)
上浦は南に佐伯湾、北の背後地に山があり、狭い土地に多くの家が密集する地域。戦後間もない時期には、山の頂上近くまで広がる段々畑で芋を育て、芋粉を作った。
つっぱりおろしは、羽子板のような形と大きさをした木製の料理道具。小さな穴がたくさん開いた鉄板を中央部に張ってある。練った芋粉の固まりを鉄板の上に置き、力を込めて相撲の”突っ張り”のように押し出す。すると、穴から麺(めん)状になった芋粉が出てくる。(大分県の郷土料理|農山漁村の郷土料理百選より
つっぱりなんて、子供のころに食べたっきりで懐かしかった~(^^♪という声もチラホラ♪

2.しょうが豆腐/弥生・高司食品

3.やしか揚げ/弥生・いのちき大学

4.なばコッコ/弥生・道の駅やよい

5.大豆めし/本匠・愛の里工房

6.けんちん汁/本匠・愛の里工房

7.まぜめし/本匠・水車茶屋なのはな

8.竹の子寿司/本匠・水車茶屋なのはな

9.佐伯は魚だけじゃないっちゃーハン(しし肉あんかけチャーハン)/宇目・道の駅宇目

10.猪鹿コロッケ/直川・橋迫喜美代(コリーヌ)

11.ゴボウ汁/直川・橋迫喜美代(コリーヌ)

12.かぼすゼリー/直川・橋迫喜美代(コリーヌ)

13.海鮮スティック/鶴見・桑原政子(漁村女性グループめばる)

14.じゃこ飯/米水津・粟嶋グループ

15.アジの丸ずし/米水津・粟嶋グループ

16.くじゃく/蒲江・竹野浦河内婦人会

17.ひじきパウンドケーキ/蒲江・丸市尾婦人会

18.海鳴り寿司(すりみいなり)/蒲江・楠本浦婦人会

19.さつま/佐伯・佐伯市食生活改善推進協議会

20.ひきまめし/佐伯・佐伯市食生活改善推進協議会

21.きんとんパイ/佐伯・佐伯市食生活改善推進協議会

22.ガニ汁/GT・さいきグリーンツーリズム研究会

23.ガニ飯/GT・さいきグリーンツーリズム研究会

24.山ん子/GT・さいきグリーンツーリズム研究会

*★*―――*★*―――*★*―――*★*―――*★*

d0168569_15355682.jpg
私(高橋)が取ったお料理はこちら♪
ほぼ、全品あるはず♪
500円だからと思っていっぱい取りすぎました(>_<)
が、残さず食べましたよ~(^^♪
もうお腹いっぱい~(>_<)
もう食べれませ~ん(T_T)

そして…
お待ちかねの(@´゚艸`)

♡*▶・◀*♡*▶・◀*♡【スイーツ王選手権】♡*▶・◀*♡*▶・◀*♡
応募総数50組、延べ57作品の応募者の中から下記の11作品がこの決勝戦へ。
d0168569_1635047.jpg


1.プリンのおひめ様(白いレモンプリン)/佐伯市上浦/木村竜也

2.米粉かりんとうソイやー(ジンジャー風味)/佐伯市弥生/農事組合法人「王冠」・安達八重子・田原初代・田原眞由美

3.マリンレモン香るレアチーズタルト/別府市(別府溝部学園高等学校)/申性湜(シン・ソンシク)

4.TOGAMUREラスク/佐伯市鶴岡/竹田純一(トム・ソーヤ)

5.弥生しょうがと弥生かぼすのからだほっこりクッキー/佐伯市弥生/らいふさぽーと番匠・木の葉

6.完熟フルーツトマトのホワイトロールケーキ/佐伯市鶴望/今泉雅美

7.完熟香ボスよかカン/佐伯市中の島/久保田和子

8.女性林研なおかわ/佐伯市直川/ゆずのやきもち

9.Ajiなピッツェル/佐伯市西浜/(株)ヤマジン・局朋子

10.おいもドーナツ/佐伯市蒲江/姫侍(浪井優子)

11.生姜クリームサンドクッキー/佐伯市弥生/柴田正信(クアンカ・ドーネ)

*★*―――*★*―――*★*―――*★*―――*★*

入選されたのはこの方々です♪
d0168569_1547963.jpg

♥最優秀賞 6.完熟フルーツトマトのホワイトロールケーキ/佐伯市鶴望/今泉雅美
♥優秀賞 4.TOGAMUREラスク/佐伯市鶴岡/竹田純一(トム・ソーヤ) 
♥特別賞 9.Ajiなピッツェル/佐伯市西浜/(株)ヤマジン・局朋子
♥審査員特別賞 11.生姜クリームサンドクッキー/佐伯市弥生/柴田正信(クアンカ・ドーネ)


全ての作品が審査員の方々の評価も高く、どれも商品として既にお店に並んでいてもおかしくないと(^^♪
審査員の評価を聞くたび、あんなにお腹いっぱいなのに食べたくて食べたくて(>_<)
本当においしそうでした~♪

*★*―――*★*―――*★*―――*★*―――*★*

各コンテストに入選された方々、本当におめでとうございました(^^♪
商品化されて、食べられる日を楽しみにしています♪

試食会の美味しいお料理をたくさん作って下さった方々、本当にありがとうございました(^^♪

そして、運営して下さった方々、本当にお疲れ様でした。

また来年もぜひぜひ開催して下さい♪♪ (≧▽≦) ♪♪


関連記事はコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
◆佐伯の食「郷土料理・家庭料理」が大集合!バイキング形式試食会開催!試食券はなんと500円♪
http://saikibrand.exblog.jp/15509534/

◆大分合同新聞「3月3日、佐伯市で祭典「S1サミット」」
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2012_132771646834.html

◆大分合同新聞「佐伯の味大集合 初の祭典「S1サミット」」
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2012_13308181053.html

◆心のご馳走.com~大分県佐伯市観光協会~「S1サミット」のページ
http://www.kyushu1-saiki.com/events/s1-summit/s1-summit2012.html


(written by 高橋まや 7.Mar.2012)
[PR]
by saiki-brand | 2012-03-07 16:09 | Comments(0)

平成23年度佐伯市さいきブランド流通促進等補助金事業に採択された事業で、佐伯市本匠の水車茶屋「なのはな」の磯川さんが新商品を開発!

『「椎茸で作る「山んだし」」商品開発と試食会の開催事業』ということで、試食会が開催されました!

きれいな川の流れを眺めながらの試食会♪いいですね~ルン♪ (≧▽≦) ルン♪
d0168569_13205380.jpg
到着すると、準備が整っていました。

◆◆◆メニュー◆◆◆

★山んだし かけ蕎麦
★山んだし ざる蕎麦
★山んだし 茶づけ
★和え物
★山んだしドレッシング

d0168569_13232621.jpg
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
写真右上:和え物(ほうれん草の山んだし和え?)
写真左上:山んだしドレシングのサラダ
写真真ん中:ざる蕎麦の薬味(山んだし、ネギ、わさび)
d0168569_13245170.jpg
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑“山んだし”のどアップ♪ (≧▽≦) ♪
d0168569_13254818.jpg
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑かけ蕎麦♪ゴマの油で脂ぎって見えますが、意外にサッパリ。
d0168569_13265634.jpg
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑食べ始めてから写真を撮ってないことに気づき、慌てて撮りました(>_<)
d0168569_1328368.jpg
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お茶づけ~♪ご飯の上に乗っかってる左は山んだし、右は穂じその煮つけ?です。絶妙コンビでおいしかったぁ~(*´゚艸゚`*)まぃぅ~♪
d0168569_13293026.jpg
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ラベルも手作り感がいい感じ♪

とにかく、お腹いっぱいになりました~(´∀`)

おいしかったぁ~(´∀`)

d0168569_1458938.jpg
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑宇都宮正博(うつみやまさひろ)先生と“山んだし”開発者の磯川さん。

お互い熱いトークをなさっていて、聞いていてとても勉強になりました!

宇都宮先生は、クレドコンサルティングサポート(飲食業経営コンサルタント)の方で、県の「直売所活性化事業」のアドバイザーとしての一環で来店されたそう。
レストラ機能を有する直売所の個店指導などをなさっている方です。
飲食関係の専門家は県内では少ないそうなので、宇都宮先生は貴重な存在!
そんな方に指導して頂けるなんてすごい!
先生の話を聴いていると、どんどん夢が膨らむ~♪──o(。´・∀・`。)o──♪
話し上手で、でも言うべきことは言ってくれる…ステキなお人柄の先生でした♪

こうしてまたひとつ、佐伯の素晴らしい商品が誕生し、世の中に広まっていくんですね~(^^♪

ラベルも内容も少し改善されるようなお話をしていたので、いつ商品化されるのかはまだハッキリとは決まっていませんが…
どこかの直売所なので見かける日が来るのが、今からとっても楽しみですね♪

(written by 高橋まや 2.Mar.2012)
[PR]
by saiki-brand | 2012-03-02 15:18 | 研修会・視察(報告) | Comments(0)


平成24年3月3日(土)、佐伯市弥生の弥生B&G海洋センター(佐伯市弥生大字小倉1222番地)に佐伯の食が大集合しまーーーす029.gif

その名も・・・S1(エスワン)SUMMIT(サミット)
d0168569_1153279.jpg

「九州一広い佐伯市をまるごと食べつくせ!」をコンセプトに、今回初めて開催されるS1サミット!

S1サミットは「ナンバー1の部」「オンリー1の部」の2部門があります。

まず、「ナンバー1の部」ですが・・・011.gif

過去、開催されていた「おにぎり選手権」や「スゥイーツ王選手権」を同時に開催します。
すでに、エスワングランプリ予選が行われており、3月3日のエスワンサミットで決勝大会が開催されグランプリが決まります。グランプリ(最優秀賞)には、なんと5万円プラス副賞が贈られます060.gif

次に、「オンリー1の部」ですが・・・011.gif

こちらは、佐伯市の山海の幸を活かした郷土料理や家庭料理が大集合。手作りの味、隠れた名店の逸品など佐伯市の農林水産物から生まれた美味しいモノがもりだくさん集まります。30品程度のお料理が試食できます。
この試食をしたい方は、前もって販売数150枚!限定の「試食券053.gif」を購入してくださいね!
試食券 1枚 500円です!!
試食券は、佐伯市観光課、佐伯市観光協会、市役所各振興局にてお買い求めになれます。

(お問い合わせ先)
S1サミット事務局(佐伯市観光協会 0972-23-1101まで)


本日3月1日午前中に、わたくしさいきブランド娘2号も2枚買いに行ってきました。
まだ若干ですが観光協会にチケットがありました。
興味のある方はお急ぎお買い求めください(^^♪
072.gif072.gif072.gif072.gif
S1サミットの日程034.gif

☆10:00~10:20 開会式

☆10:30~12:00 おにぎり選手権決勝大会
※試食はできません。この大会で試食できるのは審査員の方だけです!

☆12:00~13:20 郷土料理・家庭料理大集合
※こちらは、試食券で食べられます(-^□^-)お腹をすかせてGO!

☆13:30~15:00 スイーツ王選手権決勝大会
※試食はできません。この大会で試食できるのは、審査員の方だけです!

☆15:10~15:30 閉会式


072.gif072.gif072.gif072.gif
ナンバー1の部の「おにぎり選手権」や「スゥイーツ王選手権」にゲスト審査員として、TVでご活躍中の
料理研究会家・管理栄養士森崎友紀さん(お父様が佐伯市上浦ご出身
がお見えになりますよーー♪

佐伯の食が大集合しますので、500円の試食券をぜひとも、お買い求めになって「弥生B&G海洋センター」にお越しくださいね☆・*:.。.(o´∀`o).。.:*・☆

(written by 田中志保 1.Mar.2012)
[PR]
by saiki-brand | 2012-03-01 15:58 | Comments(0)