佐伯市スグレモノ情報館 saikibrand.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

こちらのブログは佐伯市ブランド流通促進協議会(TEL:0972-22-4673)が発信しています。face book(http://www.facebook.com/saikishibrand)&Twitter(http://twitter.com/saikishibrand)もチェックしてくださいね♪


by さいき殿伝
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


d0168569_10041604.png
d0168569_10044876.png
昨日から放送のCTSケーブルテレビ さいきほっとタイム「余のオススメじゃ!さいき殿伝金賞認証品」11月放送分はご覧いただけましたでしょうか?
今回は本匠農林産物加工組合「匠」さんの『栗もち』をご紹介いたしました。

「匠」の皆さん。なんと平均年齢72歳なのです!005.gif
撮影は11月11日11時からとたまたまポッキーの日。
少し肌寒くなってきた中、皆さん、とても元気に私達を迎えてくださりました。

▼▼オープニングの撮影は道路に面した看板前だったのですが(画像)、車が多くなり、どうしても声がかき消されてしまうため、建物入口前でのものが使用されています。
d0168569_15431995.jpg
撮影に備えて、「匠」の皆さんに下準備をしていただいていたので、撮影が始まると、サクサクと作業が進んでいきました。

▼▼皆さん、毎日のようにものすごい数の栗もちを作られているので、一つ一つの作業が丁寧なのに早い!早い!
(手元だけ画像が静止画として写っていないのがわかりますか?!)
そのチームワークたるや・・・長年培ってこられた信頼感によるものでしょう。
d0168569_15523166.jpg
▼▼作業の段取りもてきぱきとされているので、その速さに今回のカメラマン河野さんがしっかりついていって、現場はとてもスムーズ049.gif
d0168569_15563241.jpg

あんを包む生地を柔らかくて自然の甘みのものにするため、試行錯誤の末、蒸したサツマイモをつぶして、餅粉、小麦粉、塩を加えて作るのです。
この按配が難しく企業秘密!! しかも、この生地、サツマイモの甘さだけで、砂糖は使用しないのです

▼▼そして、後藤さん「栗もち作り」体験 049.gif
一度目は思うようにいかなかったようで、ギャラリーの私達も爆笑してしまったのですが、2度目はとてもきれいに作れました。
包む作業を撮影し終えた後、匠の皆さんが残りの栗もちを作られている時も、後藤さんはお手伝いしていました。
d0168569_16021093.jpg

d0168569_16040376.jpg
▲▼蒸しあがったばかりの栗もちを冷まします。
栗とサツマイモのあま~~い美味しそうな香りが~~~\(◎o◎)/
アッツアツなのですが、もちがベチャっとしないためにも大切な作業。
とてもクールに丁寧に作業されています。
d0168569_16053000.jpg
▼▼蒸しあがった栗もち。
栗の自然な黄色と、皮のサツマイモのやさしい黄色、そして艶々したサンキライの葉が美しい072.gif
d0168569_16095038.jpg
▼▼後藤さんの試食タイム~~。
あんの甘みと、生地の甘しょっぱさ、そして栗本来のやさしい味と、サンキライの香り
絶妙な按配でたまらなく美味しいのです。

しかも、創意工夫され完成された生地のもっちもちの食感でたまりません!
d0168569_10434776.png
だからこそ、人気のこの栗もち。
小半鍾乳洞直売所、道の駅やよい、マルショクサンリブ、トキハ インダストリーで購入できます!
そして、佐伯市だけでなく、佐伯市外の各イベントにも頻繁に参加し、販売されている「本匠農林産物加工組合 匠」の皆さん。
この美味しさなので、各イベントでも大変人気で、リピーターの方がいつも心待ちにされて、行列ができるのです。  


▼▼最後にPR。緊張されていたようですが、匠の皆さんが声を揃えて思いを伝えてくださいました。
d0168569_10462453.jpg
「私たちがまごころ込めて作った栗もちです。
 皆さん、食べてくださいね~~!!」

佐伯市本匠農林産物加工組合「匠」の皆さんのあたたかさで、お邪魔した私達も元気をいただいた撮影でした。
「匠」の皆さん、ご協力ありがとうございました♪

視聴者プレゼントは「栗もち」6個1パックを5名様に。
皆さんのご応募をお待ちしていま~~す
016.gif
by Taniguchi

[PR]
by saiki-brand | 2014-11-25 08:53 | さいきほっとタイム「余のオススメじゃ!」 | Comments(0)

d0168569_16472166.jpg
今年5月30日直川小学校の生徒さんがさいき殿伝金賞認証事業者ぶんご銘醸(株)さんの芋焼酎原料芋「黄金千貫(こがねせんがん)」苗植えをしましたが(6月4日のブログ⇒コチラ)、昨日10月9日にその収穫を、そうです、大人もワクワクする「芋ほり」に、直川小学校3年生13名の生徒さんが参加しました。


▼▼ぶんご銘醸(株)さんが芋を掘るコツを指導。子供たちも興味津々。
d0168569_16033959.jpg

▼▼芋を育てる土は粘性の強いため、素人さんにはそのまま芋を掘るのは簡単ではありません。
そこで、子供たちでも芋を掘れるよう、育った葉を刈り、土も掘りやすく工夫されていました。
d0168569_16494302.jpg
▼▼芋は、1つの苗にいくつもなっています。その一つ一つが折れないように、気を付けながら掘るため、子供たちは苦戦!ぶんご銘醸(株)専務取締役 狩生健之さんがやさしく補佐されていました。

d0168569_16191519.jpg

▼▼こんな立派なおいもが!!
d0168569_16270238.jpg
▼▼女子も負けていませんよ~!
d0168569_16275328.jpg
d0168569_16280921.jpg
▼▼随分収穫できたので、そろそろお片付け・・・
d0168569_16323427.jpg
d0168569_16333505.jpg
今回の作業はおよそ1時間ほどで、芋畑(2トン収穫目標)の3分の1くらいを収穫したようです。
子供たちの掘ったお芋は、ぶんご銘醸(株)さんでは佐伯産芋を使った焼酎芋焼酎づくりは2年目)になります。銘柄は「唐変木」
元気な子供たちの力をうけ、きっと美味しい焼酎ができるでしょう!!


by Taniguchi

[PR]
by saiki-brand | 2014-10-10 16:49 | ガンバリスト | Comments(0)

さいき殿伝(でんでん)金賞認証事業者ぶんご銘醸(株)さんが芋焼酎原料芋「黄金千貫(コガネセンガン)」初めて自社生産し地産地消の芋焼酎作りに挑戦されます。

ぶんご銘醸さんが、直川の畑を借り、直川の人と水と蔵で醸した芋焼酎造りに取り組むにあたり、直川小学校食育活動の一環として、生徒さんも農業体験をできればと提案され、実現した初の試みです。

当日(5月30日)は直川小学校3年生13名、5年生12名、計25名の生徒さんが参加されました。(※写真掲載は直川小学校より許可を頂いています。)
d0168569_16034487.jpg
↑ 直川小学校にて先生のお話
d0168569_16040322.jpg
↑ 数台の車に分乗して畑に移動しました。生徒さんたちの弾ける笑顔が眩しい!!
d0168569_16070430.jpg
↑ ぶんご銘醸さんをはじめ、関係者の方々の挨拶
d0168569_16081095.jpg
↑ 植え付けのお話に、生徒さんたちも真剣な眼差しです。
d0168569_16084165.jpg
↑ 生徒さんたちに植え付け用のイモの苗が配布されました。
d0168569_16110199.jpg
↑ 今回、植え付け用の「黄金千貫(コガネセンガン)」の苗。美味しく味わいの深い焼酎を造るためには、甘くない品種のこの黄金千貫が適しているそうです。
d0168569_16091578.jpg
↑ 苗を植えるのに、竹串で45度ほど「斜め」に穴を開けます。これは、おイモが無理をせず、根を張り、たくさんの実をつけるためにとても大切なのだそうです。
d0168569_16122044.jpg
↑ 開けた穴に苗を植え、黒いビニールで苗が焼けないように、土の枕」を被せてあげます。なかなか笑顔のショットが撮れませんでしたが、それほど真剣だったのです!!
d0168569_16125314.jpg
↑ 真剣な生徒さん達に、ぶんご銘醸さんも優しく丁寧に補佐されています。
d0168569_16142191.jpg
↑ 当日は真夏日?!のカンカン照り 水分補給も大切です。休憩時間中に、取材に来ていたプレスの方々(NHK大分放送局さん、CTSさん、大分合同新聞さん、読売新聞さん)からのインタビューも受けていましたよ
d0168569_16253970.jpg
↑ もうひと踏ん張りです。この日は1500本の苗を植えました。
d0168569_16213806.jpg
↑ 場所:大分県佐伯市直川大字仁田原 
  植え付け面積: 14アール(1,400平方メートル)
  総植え付け本数: 3000本
  イモの出来高予想: 約2.5t
  焼酎の出来高予想: 一升瓶約1,200本(25度)
d0168569_16220490.jpg
↑ 生徒さん達からは「おイモの苗を『斜め』に植え付ける理由に驚いた」という感想が多かったです。「どうして直川でお酒造りをしようと思ったのですか?の問いに、ぶんご銘醸(株)狩生さん「地元の土と地元の水と地域の人たちと関わり合いながら焼酎が造りたいと思ったのでという言葉がとても印象的でした。
d0168569_16223048.jpg
↑ 最後にご挨拶です。直川小学校の皆さん、とても頑張りましたね!
d0168569_16264122.jpg
↑ 帰りの移動車内お疲れモードの子供達。きっと心地よい充実感も感じていたでしょう。
d0168569_16134387.jpg


↑ 苗の根が張るまで、ぶんご銘醸さんが毎日水やりをされます。子供達の思いのこもった苗がすくすくと育ちますように!!

今後は、ぶんご銘醸さんがイモの手入れをし、10月後半から成長したイモを掘りすぐその翌日から仕込に入るそうです。
鮮度が重要なため、できるだけ新鮮なうちに仕込むのだとか)
掘ったイモを洗いカットし、その後蒸し、細かく粉砕した後、(1回の仕込みが約600キロ)発酵の仕込みをします。
ぶんご銘醸さんは、そのイモ掘りの体験と、仕込み作業の工場見学に、生徒さんたちを招待される予定だそうです!!

仕込み始めると20日間くらいで焼酎ができるため、11~12月には全ての焼酎の原酒ができあがるらしいです。その後、原酒を貯蔵・熟成させるため、完成3月後半~4月くらいになるそうです。完成した焼酎の一部は、生徒さんの各家庭にプレゼントされるかも?!

原料の生産から焼酎づくりの行程にふれ、地元企業の職場でどのようなことが行われているのか、そして、ものづくりの心など社会を学べるとても素敵な活動だと思います。
この体験から、未来の蔵人が生れるかもしれないですね♪

by Taniguchi


[PR]
by saiki-brand | 2014-06-04 16:28 | 旬の情報 | Comments(0)